お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 新着情報
  3.  > 2017年08月31日

ニュース

2017年08月31日

乗り放題(定期券制度)実験へ★

国土交通省は2018年度予算の概算要求に「定期運賃(乗り放題)」の導入に向けた実証実験を盛り込む方針を固めた。2016年度の初乗り距離短縮運賃と閑散期時間帯割引、2017年度の事前確定運賃と相乗り運賃(タクシーシェア、今冬開始予定。)に続き、3年連続でタクシーの実験が展開される見通しだ。概算要求と税制改正要望は今月末に各省から財務省などに提出される。ビジネスマン、子育て世代など対象者エリア、時間帯を限定し、何度でも利用できるうようにする定期制度の創設を目指すとのこと。国土交通省の金指和彦自動車局旅客課長は21日、「今、生産性の向上と働き方改革が重要な分野であり、2020年の東京五輪・パラリンピック対策では、バリアフリーや外国人観光客の受け入れ環境の整備を仕上げることになる」と見解を述べている。                                                                                                                                 ★★★東京五輪・パラリンピックが近づくにつれ、昨今のタクシー業界もこういった「実験」が目立つようになり、今回のニュースも各社一斉に報じたようですが、感じたのはタイトルやニュアンスに違いがあり、例えば某A社が「タクシー『乗り放題』実験」と報道すれば、某B社は「来年度以降タクシーに「定期券」制度 国交省検討」など、パッと見でも大分印象が違います。日々『対ライドシェア対策』に講ずる業界の流れを掬い取った現場目線の報道と、あくまで数あるニュースの一角での報道の温度差ということでしょうか。顧客と現場の人間の価値、質を埋めないといけない点では、これからが中身をどう詰めるかが非常に重要と感じます。★★★                                            
ニュース一覧へ