お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > タクシードライバーが心配している事故後の対応は

タクシードライバーが心配している事故後の対応は

運転を業務にしようと検討している人にとって、もっとも不安なことは「事故を起こしてしまったらどうしよう」ということです。
タクシードライバーのように毎日毎日たくさん、街の中を走行していると事故のリスクは通常の人の何倍もあります。
不安はあるかもしれませんが、実際は会社がきちんと社員への補償をしてくれるからです。
いわゆる事故補償をしてくれる会社がほとんどなので、詳しく解説していきます。

もし、ドライバーが勤務中に事故に遭った場合、どのような補償をしてくれるのか。
会社によって、条件は様々ですが、物損・人身、過失が有る無いで補償内容が変化します。
どのようなものかというと、最大いくらまで補償しますとか事故に対して何%補償するといった内容がほとんどです。
このいくらとか何%というのは、会社によってかなり違いが出てきます。
また、あまりありませんが会社が全て負担してくれるという場合もあるので、求人を見る時の着目点にしてください。
もし、事故補償があるとかないとか書かれていなければ、専門コンサルタントがいるようなサービスを利用して、内容を聞いてください。

ただ、事故補償は本来必要なものですが、ない場合もあります。
そうなると「ブラック企業?」と不安に感じますが、そういうわけでもありません。
事故補償がない場合、給料が良かったりそのほかの手当てで賄うことができます。
事故を起こすと当然、会社としても人員が減るという損害が生じますので、手当でカバーをしたり事故を起こさないで継続していられたら、どんどん給与が上がるというようなシステムもあります。
なので、一概に事故補償があるから良くてないから悪いとも言えません。
この点はきちんと自分や家族と相談して会社探しをしてくださいね。

事故補償というのは、事故が起きた時の金銭面での補償の話になりますが、ドライバー自身も怪我をして働けなくなる可能性があります。
その場合、ほとんどのタクシー会社は休業補償があります。
規定は会社によって異なりますが、怪我などを理由に業務ができない場合、休んでも大丈夫という制度です。
だいたい、最大で1年間取得できるなど条件が存在しているので、就業規則をきちんと確認してください。
その間の収入もゼロになるということはないので、安心ですね。

しかし、本来は事故がないように運転することが大前提なので、日頃からきちんと安全運転をして、事故のリスクを少しでも軽減させるよう努力をしてください。
無事故無違反のドライバーを雇用している方が会社としてもメリットです。
そのため、お客様の命を預かっているのだ、という意識を常に持つようにしましょう。
万が一、交通事故を起こしてしまうと今後の自分がタクシー業界で生きていく上で不利になる上に、体も大丈夫かどうか定かではありません。
事故を起こして仕事ができなくなって、体も悪くしてしまうということは、人生においての損失となってしまいます。
どのようなことに注意をすればいいのか、対応など全てにおいてのポイントをしっかりと会社で講習や勉強会を開催し、意識を高めていく必要があります。

無料相談はこちら