お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 新着情報
  3.  > 2017年10月06日

ニュース

2017年10月06日

全タク連、ジョルダン「乗換案内」と提携。★

全国ハイヤー・タクシー連合会(以下:全タク連)が、鉄道・バスの経路検索サービス『乗換案内』を運営するジョルダン(東京都新宿区)と提携し、目安の運賃や所要時間などタクシー関係の情報が乗換案内に順次取り込まれている。社名、電話番号、台数も今後記載され、ジョルダンは配車アプリや事前確定運賃などの連動を視野に入れる。乗換案内では7月から、タクシーのおおよその運賃や、1人当たりの割り勘額の掲載を開始、地図上の『行き方案内』は9月にタクシーを追加した。全タク連の広報サービス委員会側は「ジョルダンは公共交通に強い。推奨アプリだ」と呼びかけ、ジョルダン側には「タクシーを呼ぶと迎車料金がかかる地域地域もあり、注意を」と助言した。                                                                                                                                                                             ★★★皆さんは終電を逃したとき、「どこか手軽な場所で眠って始発を待つ」派か、「どんな事があっても家には帰りたい」派どちらでしょうか?大変恐縮ながら、ここでは後者を基に話を進めていきますが、家庭の事情があったりと、落ち着きたい等、または帰らなくてはいけない事情など…皆様まさに『ドラマ』がおありだと思いますが、そんなときにこのアプリは強さを発揮するのではないでしょうか?当然ながら利用は深夜に限った話ではないですが、特に需要が多そうなのがその時間帯と考えると、「家まで…あるいは近所までいくらなんだろう…」と冷や冷やしながらタクシー乗車後メーターとにらめっこして、目的地付近のコンビニでATMに駆けずり回っている方を、昔コンビニエンスストアの深夜アルバイト時代に沢山見ましたので…。そういった点ではある程度「指数」を示してくれるのは、嬉しい限りです。後はこの手のアプリは付き物だとは思いますが、道路事情等で多少の誤差は発生するでしょうから、目安の金額より多少足が出た際…クレームの餌になりかねないので、開発企業側と、現場の人間のボトムアップが必要不可欠と思います。★★★
ニュース一覧へ