お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 新着情報
  3.  > 2017年07月21日

ニュース

2017年07月21日

事前確定運賃 8/7から実験★

国土交通省は、タクシーの乗客がスマートフォン配車アプリを使って注文した際に、あらかじめ運賃・料金の額が分かる「事前確定運賃」の実証実験を本年度(2017年)8/7~10/6までの2か月間東京特別区、武三地区で展開することを発表。実験に参加するのは、日本交通(41社4170台)、国際自動車(1社3200台)、第一交通(3社274台)、大和自動車交通(1社40台)、の大手系4グループ。2か月間で計4800台が参加予定となっている。配車アプリで事前に予約、依頼を受け、各割り増し、割引、料金を含めて3,000円以上以上となる場合に適用。4グループの各社は関連局に運賃・料金の変更認可を申請書を提出し、速やかに認可される見通し。輸送実績や1運行あたりのデータを国交相に提出するほか、利用者アンケート調査も実施する予定となっている。                                                                    ★★ちなみに余談ではありますが、大阪では5000円超分5割引というサービスが多く存在します。全国でも初乗り運賃も含めて、これだけ運賃がバラバラなのも全国で大阪のみ。(先駆けは関協タクシー(関西ハイタク事業協同組合)が1995年頃に『5000円超分5割引き、通称55(ゴーゴー)割』を導入したのが元祖とみられる。)いずれにせよ、収入面をシビアに考えるドライバーさんと利用者の皆様の利便性、両方の調和が上手く保てるような改革になると良いのですが…と思うばかりです。★★
ニュース一覧へ