お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 新着情報
  3.  > 2017年07月10日

ニュース

2017年07月10日

二種免許要件見直しで実験

~『経験年数』警察側が東京ハイヤー・タクシー協会に要望~ 東京ハイヤー・タクシー協会(以下:東タク協)の武居利春副会長(昭栄自動車)は5日の労務委員会(清水始委員長=西新井相互自動車)で、政府の『規制改革実施計画』(6月9日閣議決定)に盛り込まれた第二種免許資格の見直し検討に関し「警視庁(警察庁)が本腰を入れて『(運転経験年数要件)3年が必要なのか』と検討に入っており、本年度中に実験したいという要望が東タク協に来ている」と明らかにした。 さらに「(経験年数)2年の場合は(特例で)今でも取れるので、1年以上の人に二種免許を取らせて『実態はどうか』の実験だと聞いている。」と述べた。実施計画を受けて警視庁は、国土交通省なども交えた「関係者が幅広く参画する検討の場」を今年中設置し、議論を開始する。 現行21歳以上の年齢要件の適否がテーマ。規制改革推進会議は「公共交通の労働力不足の解消につながるように』と同庁に要請している。
ニュース一覧へ