お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 新着情報
  3.  > 2017年05月15日

ニュース

2017年05月15日

『スマホdeタッくん』日本交通が月末脱退へ。

東京ハイヤー・タクシー協会(川鍋一朗会長)のスマートフォン共通配車アプリ「スマホdeタッくん(1万2000台)から、川鍋氏率いる最大手の日本交通グループ(3400台)が5月末に脱退する見通しとなった。2日のスマホdeタッくん活性化特別委員会で樽澤功委員長(大和自動車交通・中央無線)が明らかにした。タッくんの台数規模は縮小し、1万台を割り込む。国の補助金を得て開発された経緯もあり、議論を呼びそうだ。樽澤委員長は川鍋会長自身から脱退の意向が示されたことを説明。「タッくんは協会で運営しており、お客のことを考えると、多くの車が集まって一種にやっていくのがベストだ」と述べた。スマホdeタッくんの保守管理は日交系列の「JapanTaxi」が手掛けているが、契約を解消する。すでに一部システム開発を引き継いでるテクノシステムが担うとのこと。
ニュース一覧へ