お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 新着情報
  3.  > 2017年04月24日

ニュース

2017年04月24日

「410円」タク検証に意義

~他地域の大きな検討材料~ 関東運輸局の持永秀毅局長は19日の定例会見で、東京特別区・武三地区の初乗り410円タクシーの事後検証について「政策効果をきちんと確認する意味もあるが、東京以外の地域の大きな検討材料になる」と意義を示した。2020年を見据えた中期攻略「関東交通観光戦略2016」の17年度行動計画に、短縮運賃の検証が盛り込まれた。小椋康裕自動車交通部長は410円タクシーの3月の輸送成績に関し「営業実態や地域の状況で異なる部分もあるが、おおむね好意的に受け止めている」と評価。四半期ごとに原価計算対象事業者から1乗車当たりなど詳細なデータを集める。1~3ヶ月分は今月末が締め切り。 --南多摩計画案出る-- 特別区・武三地区で8~9月に行われる「事前確定運賃」実証実験の概要を説明。関運局運賃認可の作業に携わる。南多摩交通圏のタクシー特定地域協議会から地域計画案が11日に出され、審査中とのこと。
ニュース一覧へ