お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 新着情報
  3.  > 2018年05月11日

ニュース

2018年05月11日

広島県がタクシーに特化無料冊子を創刊★

広島県タクシー協会広島支部がこのたび、タクシー業界のPRや乗務員募集を兼ねて、独自のフリーペーパーを創刊。タクシー会社の好感度ランキングや地元プロ野球チーム選手へのインタビューなど、企画が盛りだくさんとなっている。タクシーに特化した冊子は珍しいとのこと。創刊号は2万部作成し、2月20日から支部加盟63社2,600台の車内に置いている。メーン企画は広島市民1,000人にアンケート「タクシーに言いたいこと」では、ヘビーユーザーを選抜し、インターネットで調査。「ズバリ印象は」の質問には「裏道に詳しい」など好意的な意見もある一方で「車内がたばこ臭い」などという厳しい意見も寄せられた。巻頭インタビューでは地元プロ野球チームの人気選手がタクシー業界へエールを送る内容を収録。人材確保へ向け、コンサルティング会社などと検討する中で「乗務員改革が必要。客の声をリサーチして公開すべき」との提案があり発行に至った。気になる反響の方は、やはり地元の人気選手が巻頭を飾っているという事も相重なり、かなりの反響とPR効果があったとのことで、今後も継続すると話している。                                                                                                                                                                           ★★★観光地でタクシーを乗ると得意げに魅力を教えてくれたり、その場その場でタクシードライバーさんというのは「脇役」ではありながらも、お客様の思い出を彩るのには欠かせない役割を果たしている気がします。せっかく楽しみで来ているので車内が汚れていたり、対応が悪かったり…となると、確かに本質を言えばタクシーそのものが原因ですが、その訪れた街そのもののイメージダウンにも繋がりかねない事態となってしまいます。地方都市の『使命』といいましょうか、ここは接遇でも大切な「一期一会」を大切にして、平常心で乗務するというのがミソになってきます。そういう点では今回の「業界を丸裸にして利用している方と誌面上でのコミュニケーション」というのは、面白いかもしれません。求人も含め、口コミはネット社会になっておりますが、誌面で見る楽しみというのも、まだ残っていると思います。※ちなみに、大体の地元都市では「大阪は最近どうですか?」「仙台は最近どうですか?」とタクシードライバーに聞くと経済的な答えが返ってきますが、広島市内でタクシーに乗られた際「広島は最近どうですか?」と聞いてみてください。かなりの割合で野球の話になります笑。★★★
ニュース一覧へ