お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 新着情報
  3.  > 2018年02月02日

ニュース

2018年02月02日

東京武三地区、警察・CVSと防犯提携★

東京ハイヤー・タクシー協会の武・三支部は24日、都内では初となる三鷹、武蔵野両警察署、市内のコンビニエンスストアと提携し、地域の防犯体制を強化する宣言を出した。コンビニ側が夜間の駐車場をタクシーに開放し、乗務員が休憩の際、立ち寄って強盗などを監視・通報する。提携したコンビニは『セブンイレブン・ファミリーマート・ミニストップ・デイリーヤマザキ・ローソン』の5社で三鷹に70店、武蔵野に63店ある。今後、コンビニ本部が駐車許可の店舗に選定する。東タク協武・三には16社が加盟し、1,200台。警察はコンビニへの巡回を強化し、必要に応じて情報を提供、実施訓練をする見込みだ。                                                                               ★★★実はこの取り組み、関西方面や沖縄などでは既に数年前から実証されていた取り組みだそうで、コンビニエンスストア側も防犯の抑止力にもなり、また、お客様側からしても、「電車を逃したのでタクシー呼んでください~」なんて無茶な要望も、うまい事行けば解消できるのではないかと思います。実際深夜のレジですとそういった方をよく見かけました。(比率として金~土ですね)また、強盗もそうですが、万引き等の対策にも一役買うのではないかと思います。実際深夜の人気がないところを狙って大量に…なんてケースもありますので、駐車場に車にいるだけでの抑止力は、少なからずあると思います。あとは紳士協定的な部分や相互の教育、理解でしょうか。両社一石二鳥、winwinになればいいですね。★★★
ニュース一覧へ