お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 現在のタクシーの転職事情

現在のタクシーの転職事情

タクシー業界は今人手不足となっています。 平均年齢は58才を超えており、ドライバーの若返りと、他業種からの新たなタクシードライバーの成り手の養成が業界全体としての課題となっております。

なので、未経験者にはしっかりとタクシー業界で働いてもらおうと2種免許の取得費用を負担したり、給料保証を付けたりと各事業所こぞって自社に来てもらいたいという姿勢がこのような条件面に現れているのです。

その一方で、現任さんを採用する際の状況は、未経験者のそれとは大きく変化しています。

具体的に現任さんはどの部分を厳しく見られてしまうのか。
採用担当の方から面接を組む前に応募者のここを確認して欲しいと言われる代表例をご紹介いたします。

・タクシー業界経験年数
・退職理由/転職理由
・タクシー会社の転籍回数
・過去の営業成績
・過去の違反内容

です。

その中でもタクシー会社の採用担当者が一番気にしているのが、転籍回数と在籍年数です。

これは退職理由とセットでズバズバと質問される項目となります。
特に短い期間で転職を繰り返していると採用担当も何故だろう、と感じてしまうことがあります。

どうしてもやむを得ない事業がある場合、正直に伝えた方が良いです。
転職回数自体が悪く見られるのではなく退職理由をうやむやに答えてしまうことが採用担当としてはマイナスイメージに繋がってしまうのです。

面接でよく見られる失敗のケースは、採用担当のストレートな質問に萎縮してしっかりとした受け答えが出来なくなってしまう事です。
正直、退職理由をストレートに聞かれて平常心を保つのは難しいです。

ですが、採用担当としてはあなたを威圧しているつもりはありません。
タクシー業界で働くのは、時に一般企業よりも忍耐力が求められる場合もあります。

タクシーのお仕事は様々な年齢、性別、性格のお客様の対応が必要となります。
その中であなたがどう立ち振る舞えるのかが面接で試されていると考えてみましょう。

たとえ過酷な環境で退職に追い込まれたとしても、その経緯だけでなく厳しい状況の中でも自分としてはいかに改善しようと努力をしてきたのか、どんな工夫をしてきたのかが答えられると好印象を持たれるのです。

無料相談はこちら