お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > タクシードライバーの今と未来

タクシードライバーの今と未来

タクシードライバーの高齢化と、人材不足が止まりません。

これが今のタクシー業界の現状です。
タクシー会社によっては、ドライバー不足によってこの先10年も経たずに会社がつぶれてしまう、という声もよく耳にします。

タクシー業界の人手不足の大きな要因は、その仕事自体へのイメージの悪さがあげられ、そのイメージの悪さの多くは、歩合制という給与体系や、他職種に比べての給与額の少なさ、隔日勤務というような特殊な勤務形態に対して言われることが多いのです。

特に、歩合制と給与額については、実際転職相談の方とお話をしていても、マイナスのイメージをもたれている方が多いように思います。

タクシー会社が、なぜ歩合給を取り入れているのか?

理由は多数あるのですが、その理由の大半はリスクヘッジによるものだとされています。

タクシー会社の営業報酬はほぼ100%タクシードライバーがお客さんに乗車をしてもらい、そこから得られた運賃によって成り立っているのが分かると思います。

そしてタクシードライバーごとの売上は1人1人大きくことなることが多く、1日に10万円売り上げる人もいれば、3万円の人もいます。
また、10万円売り上げていた人が5万円しか売れない日ももちろんあるのです。

このように売上の変動がかなり激しいので、タクシー会社としては、ドライバーが稼いだ売上の○%を給与として支払うという歩合制にすることで、売上が低いのに、人件費が固定で利益を圧迫してしまうということを避けることができているのです。

ですが、タクシー会社が完全歩合制だと勘違いしている方が多いのですが、ではなく、基本給プラス歩合というように計算されるのが、一般的とされています。 ホワイトカラーの営業職のインセンティブのような考えに近いです。

無料相談はこちら