お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 新人タクシードライバーの道の覚え方

新人タクシードライバーの道の覚え方

タクシードライバーになりたての頃に不安になるのが、道が覚えられるかどうかということです。利用客からはタクシードライバーなら道は知っていることが当然と思っている人が多くいます。
また、道を知っているドライバーの方が頼りになり安心できるのも事実です。
では新人タクシードライバー、どのようにして道を覚えていくのが良いのでしょうか。

〇繰り返し走る

タクシードライバーはとにかく運転をします。
その中で覚えていく人が多いようです。
どんなに土地勘が良い人でも、初めての土地を一度走っただけで覚えるということは難しいものです。

なので、繰り返し走るということが道を覚えるために必要な手段なのです。
しかし、ただ無暗に走っていては効率が悪いです。
まずは担当エリアの主要道路を繰り返し走りましょう。

また、同じ道を逆の方向に走ってみたり、車ではなく自転車で走ってみるといつもとは視線が変わりますし、周辺のお店などもわかり良いかもしれません。
鮮明に地形を認識することが大切です。

〇地図やカーナビを活用する

初めての土地を走る時に、淡々と走っていては覚えるのに時間がかかることもあります。ときには地図やカーナビを活用することも必要です。
その際に道を見るということだけではなく、自分が今どこにいてどの方向に向かって走っているのかなどを確認しながら走ることを意識しましょう。
位置関係を認識するということは、道を効率的に覚えることができるのです。

また、地図やカーナビを利用することで見えてる道以外のところの発見をすることがでカーナビでできます。
裏道を知るというのはタクシードライバーにとって必要なことです。
しかしながら、地図やだけを見て運転してしまうと道は全く頭には入ってこないうえに、事故を起こす原因にもなりますので気をつけましょう。

〇方向を意識して走る

東西南北を意識して、今はどの方角にむかっているのかを意識して走ると、目的地と位置関係が脳内でつかみやすくなります。
そのため、よりスムーズに道が覚えられるようになると考えられます。
特に、右折や左折するときに、方角がどう変わったのかを意識することや、遠くに見えるもの、例えば大きな建物をターゲットにして走ること、などといった工夫をすることで道を覚えやすくなります。

〇興味関心をもつ

興味関心がなくては何事も向上心は生まれません。
仕事とはいえど、興味関心をもつことができれば、複雑な道でもすんなりと頭に入ってくるものです。
なので、道を覚えようとしているときには走っている道や見えている建物た街並みに興味関心をもちましょう。

例えば、休みの日にその街並みを散策してみるのも良いです。実際にタクシードライバーとしてお客を乗せたときには話も膨らみます。
しかしながら、車の運転中に周囲に気を配られていてばかりでは危ないので注意しましょう。

〇記憶力に自信をもつ

自信をもっていると、自分の力以上に発揮できることがあります。
それと同じというのもおかしな話ですが、自分の記憶力に自信をもつことはとても良いことです。
自信がなく、不安な気持ちのまま運転をしていたり、道を覚えたりしていては脳の活動が消極的になってしまうため、なかなか道が頭に入ってきません。
逆に「自分の記憶力は良い」「自分は土地勘がある」など自信をもって覚えようとすると脳は活性化するため、スムーズに道が頭に入ってきます。
もちろん自信をもつためには、繰り返し走ったり、その土地に興味をもつことはとても大事なので、自信がもてるように行動することがとても大切です。
その努力をしたうえで、少し道を覚えることができたのなら、自分は道を覚えたのだと言い聞かせ、自信をもって道を覚えていきましょう。

最初はだれでも初めての道には緊張や不安があるものです。
それを無理にしったかぶりをしてお客さまの対応をするのは良くありません。
なので、道をお客さまに素直に聞くということも大切です。
カーナビの操作をマスターすることも大切なことです。
一番道を覚える方法としておすすめするのは、繰り返し走りこむことです。
自信をもてるようになるまでの努力を怠らず頑張りましょう。

無料相談はこちら