お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > アプリの利用で楽々配車!変わりゆくタクシー業界の今後

アプリの利用で楽々配車!変わりゆくタクシー業界の今後

アプリで配車とは

タクシー会社の日本交通が提供する配車アプリは現在ダウンロード数が200万件を超え、広がりを見せています。

自社での利用のみではなく「全国タクシー配車」というアプリで利用できるタクシー会社が全国に広まっています。
さらには追随する他社のアプリも含めて利用機会も拡大してきているのです。
具体的なシステムはアプリからの配車依頼がタクシー会社の配車システムにダイレクトに伝わり、依頼者の近くにいるタクシーがそれを受けて迎車するという流れです。

今までは電話での依頼で配車オペレーターが対応し、無線でタクシードライバーに伝えるという流れでした。

配車アプリでは利用者は「到着までの時間」「どこにタクシーがいるか」などがすぐに分かるようになり、時間が計算できるという事がタクシーを呼びやすくさせているのです。

時間指定機能や支払いをネット決済にできるという機能も存在しており、利用には多様性を見せています。

タクシー利用の在り方に変化

■若年層の利用

スマートフォンは若年層の普及率が高い事から配車アプリの利用も若い人で増加する事が今後は予想されています。
ネット決済が可能ということもあり、所持金が無くてもタクシーに乗れ、万が一所持金が無くてもお互い困ることがありません。
クレジットカード決済は今までもありましたが、決済手段が増えるのは利用のハードルも下がる事に繋がるのです。

■悪天候時の利用の増加

悪天候時には配車依頼の電話をしても繋がりにくいという事がありました。
配車アプリを使用すれば配車システムにダイレクトに繋がるので電話を介する必要がありません。
すぐにタクシーを呼べるので、悪天候時はより一層のタクシー利用が増えることが見込まれているのです。

■評価システムの導入

アプリ配車での乗車後、運転手の評価が付けられます。
評価が悪いものだと再度同じお客さんの配車には行けないようにする等、評価システムを利用してサービスの精度アップも図っているのです。

無料相談はこちら