お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 睡魔とどう戦う?タクシードライバーが実践する眠気対策

睡魔とどう戦う?タクシードライバーが実践する眠気対策

■まずはガムから試す

ガムは数分から数十分間にかけて噛む事になります。
噛む動作は脳の血管を拡張させて、血流を良くすると言われています。
ガム以外にも、イカや昆布もオススメです。
ですが、車内に臭いがこもってしまう恐れがあるため、小休止として外で噛むようにしましょう。
この際に屈伸などの体操を組み合わせるとより効果的です。

■糖分を摂取し、脳にエネルギー

眠気の原因の1つに血糖値の低下が挙げられます。
脳はブドウ糖をエネルギー源としています。
そのため体内の糖が不足すると、体は睡眠をとって脳を回復させようとします。

眠気を回避するには、飴やチョコ、ジュースなどで糖分を補給することが大切です。

ですが毎日多量の糖分を摂取すると、今度はインスリンが過剰に反応し、かえって低血糖になってしまう恐れがありますのでご注意ください。
健康に影響を与えない程度で、眠気を感じそうなタイミングで少しずつ摂取する事をオススメします。

■カフェイン剤は効果が高い

タクシードライバーの多くが利用しているのがカフェイン剤です。
コンビニなどでドリンク剤としてよく販売されています。

特にオススメなのが、タブレット型のカフェイン剤です。
運転中でも手軽にカフェインを摂取することが可能です。

タブレット剤は眠気を感じたら飲むのではなく、眠気を感じる時間帯の30分ほど前に飲むほうが効果的です。

これは、カフェインを摂取してから効果があらわれるまでに15~30分ほどのタイムラグがあるからです。

カフェイン剤を飲む場合は、休憩に入るタイミングでカフェイン剤を飲み、15~30分の仮眠を取るのがベストです。
より眠気もすっきりして仕事を再開できるのです。

無料相談はこちら