お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 話し上手な必要はナシ!? タクシー運転手の会話のコツを習得しよう

話し上手な必要はナシ!? タクシー運転手の会話のコツを習得しよう

テレビドラマで見るようなタクシードライバーは、全員が饒舌で会話がうまく、聞き上手です。

しかし、実際にタクシーの乗ったことがある人ならそれは事実ではないということに気付くでしょう。
確かに、タクシードライバーは接客業であり、会話が必要にはなります。
ただ、その会話がうまいかどうかなどは関係ないということです。
最初から話上手じゃないとタクシードライバーになれないのでは?と不安に感じている人も時々います。
お客様の中には、疲れているからタクシーでは話したくない、と思っている人もたくさんいます。
そういったお客様の心の状態をよく見抜き、たくさん話さなくても良い方法を経験を積むことによって習得していきます。
そこで、タクシードライバーにはどのような会話術が必要なのか、特に大事な「始め」について紹介していきます。

まず、とっても大事なことは「話のネタ」です。
お客様の気を引くことができるネタをきちんと提供するだけで、印象がよくなります。

そこから、お客様に気に入ってもらえたら、いつか迎車の際には名指しで予約が入るかもしれません。
夢のような話ですが、現実的に予約をする時にドライバーを指名したり、逆にこのドライバーは配車しないでくださいというような声はよく聞くと言われています。

自分の売上を上げるためにも、いかにお客様が乗車時間を快適に過ごせるかがポイントになるのです。
タクシードライバーの最大の仕事は「安全に目的地へ快適な気持ちのまま着いてもらう」ことです。
だから、本当は話し上手だとか会話しなくてはいけない、ということはありません。
むしろ、会話のしすぎは注意力を欠いてしまうので安全性が落ちてしまいます。
そのため、会話は最低限でも良いのですよ

。 ▪️会話を開始させるコツ

会話が第一ではないとわかっても、ずっと無言というのも気まずい…と思うかもしれません。

さらに、話したいけど会話をどう開始させたらいいのかわからないという人もいるでしょうで。
大事なことは、自分が話したいからと言ってなんでもむやみに声をかけるのは危険ということです。

そこでポイントは、まずお客様が会話をしたそうか見極めることが大切です。 例えば、ぐったり疲れているような人であればそのまま何も話さずに早く目的地に着くことを優先させた方がいいですが、どこか寂しそうだったり年配の人であれば会話を求めている傾向にあります。
まずはそれを見極めて、そこから天気の話やイベントごとなど話をしてみましょう。

この2つのネタは年齢問わずに会話をすることができるので便利ですよ。
その他にも自分の得意とするジャンルの話をしてもいいですが、政治や芸能人の話は個人の好みや意見があるのであまりしない方がいいかもしれません。
何より大事なことは、会話は最小限にすることです。
タクシードライバーの仕事は前出したように、話をして盛り上げることではありません。もし、会話がどこかで途切れても気まずいという思いをすることはなく、ただ目的地に安全に着こうという気持ちで走行してくださいね。

無料相談はこちら