お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 新人ドライバー必見!道順の覚え方

新人ドライバー必見!道順の覚え方

新人ドライバー必見!道順の覚え方

「タクシードライバーは道に詳しい」というイメージをお持ちの方が多いかもしれません。
しかし、新人タクシードライバーは必ずしもそうではありません。
なかには、タクシードライバーであっても「道を覚えるのが苦手」、「道が覚えられるかどうか不安」というドライバーもいます。
お客さんをがっかりさせないためにも、一刻も早く道を覚えたいものですよね。では、どのようにして、道を覚えていけば良いのでしょうか。

地図やカーナビで方角を確認しながら運転する

初めて通った道や、場所などは時折地図やカーナビを活用して、「自分が今何処にいるのか」「どの方向に向かっているのか」を確認しながら運転することがポイントです。

また、地図やカーナビを活用することで気づきにくい脇道も画面にはっきり表示してくれるため、よりその土地に詳しくなれるでしょう。
ただし、地図やカーナビだけを見て走っていると、道は全く頭に入ってきません。
そればかりか事故を起こす恐れがあるので注意しましょう。

自転車でルートを繰り返し回る

担当エリアの主要道路を繰り返し走り、主要な建物への道順を頭に入れる必要があります。
また同じ道でも逆方向に走ったり、休日に自転車などで走ったりするとより鮮明に地形を認識することができますよ。
自転車、というのが重要です。
車は移動速度が速いため、街の詳しい情報は入ってきません。
しかしスピードがゆっくりな自転車ならで周りの景色を確かめながら走ることができ、車を運転している時には気がつかった目印などが目に入りやすくなります。行ったことのない道を通って、新たなルートを発見したりするのも大切です。

覚えるまではお客さんに道を聞く

自分が新人ドライバーであることを正直に伝えましょう。
お客さんに許可を得てナビを設定する。もしくは、お客さんが道を知っているのであれば、教えてもらいましょう。
間違えて遠回りをしてしまうなどのトラブルが起きないようにするためです。

最初のうちは誰でも道を詳しくありません。
一朝一夕では完全に道を覚えることはできませんが 繰り返し通ることで、道は覚えられるようになるものです。
何事もそうですが、常日頃の積み重ねが大切なのですね。

無料相談はこちら