お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 病気があるとタクシー運転手になれない!?

病気があるとタクシー運転手になれない!?

病気があるとタクシー運転手になれない!?

タクシードライバーとして転職を希望する場合どのような病気があると転職が難しいのでしょうか。タクシー運転手の就職面接の際の身体検査や、確認される病歴についてご紹介します。

タクシードライバーになれない持病とは

タクシー業界に転職するための条件はそこまで厳しくなく30代からでも転職しやすい職種であると言われていますが病歴に関しては条件があります。

自動車の運転はただでさえ交通事故などの危険が懸念されるもの。
乗客を乗せるという責任のある職務内容であることから、心身の健康が絶対条件となります。
ですので、持病などを持っていると勤務が難しくなることも少なくありません。

どんな病気かというと、糖尿病や心臓疾患、肝硬変、精神病などです。
また、アルコール依存症の兆候がある方、睡眠時無呼吸症候群の危険性がある場合などの病歴がチェックされます。
まずは主治医などに相談をして、現在の健康状態でタクシー運転手の仕事ができるかどうかを確認しておくことが必要です。
こういった病歴があったとしても、しっかりと治療を受けて病気の進行を抑えることができていれば問題はありません。
また、就業可能ということであれば、診断書を書いてもらい、
面接時にタクシー会社に持参すれば会社に納得してもらうことも可能でしょう。

タクシー運転手になるために気をつけるべき生活習慣とは

タクシー運転手は、毎日安全に乗客を乗せるという責任の求められる仕事です。
先に書いたような病気があると、就業できない例も多いですが、日頃の食生活や、習慣などにも気をつけていかなければなりません。
特に食習慣が乱れてくると、病気につながる可能性も大きくなります。
また、また、ずっと座って運転し続けるという職業柄、腰痛を起こしやすいです。定期的に体を少し動かす習慣をつけるなどして気をつけていく必要があります。

健康診断で少しでも異常が見られたら、すぐに受診して治療、改善に臨むようにしていきましょう。
健康面に気を付けることは運転をする仕事を続けていくのに最も大事なことであると言えます。
それ以外にもドライバーとして、交通事故や違反などにも最大限注意を払っていかなければなりません。

日頃から安全運転、健康にも配慮した生活を心がけましょう。

無料相談はこちら