お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > やりがいが変わる? ハイヤードライバーとタクシードライバーの違い

やりがいが変わる? ハイヤードライバーとタクシードライバーの違い

やりがいが変わる? ハイヤードライバーとタクシードライバーの違い

ハイヤーとは

ハイヤーには、タクシーとは違い、時間単位の貸し切りでメーターがついていないという特徴があります。
また、タクシーのように流し営業ではありません。

ハイヤーの運転手は会社や営業所で待機し、要請があったときに派遣されるという流れになっています。
ハイヤーには雇用や賃借という意味があり、利用する車と運転手を一定の期間借りることになるので、その間の費用を払わなければいけません。
ですので利用者は、車が車庫を出てから車庫に戻るまでの費用と、その間のドライバーの給与を支払う事になります。
またハイヤーはタクシーとは違い、自動で扉が開閉するのではなく、運転手が直接利用者のために扉を開閉するのです。

ハイヤーのやりがいは?

ハイヤードライバーの方にやりがいを聞いてみると、「企業の重役の方々に感謝されること」という意見が非常に多く見受けられます。
ハイヤーの業務では、特定の人と車両が「専属利用」として企業に雇われる事があります。
ですので、契約した企業の人達とコミュニケーションを多く取るようになり、お互いの信頼関係の構築にも繋がります。
これが利用者の匂いの好みやラジオのチャンネルなど細かなサービスにまで繋がり、相手からの感謝へと発展するのです。
相手を細部まで思いやったサービスができ、お互いに信頼関係を築くことができる点は、ハイヤーでしか味わえないやりがいなのです。

タクシーを経験したうえで、特定の人と、深く信頼関係を持ち、細やかなサービスをしたいと思った場合、是非タクシー求人サイトTSJへご連絡くださいませ。

無料相談はこちら