お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 効率的な道順の覚え方

効率的な道順の覚え方

タクシーに乗っていると、ドライバーはみんなたくさん道を知っているはずだ!と思いますよね。
しかし、時々「あまりこの辺わからないんです」なんて言われてお客様の立場からするとイライラしてしまうことも。
運転することを業務にしているので、そんなイメージがあるかもしれませんが、実際はドライバーによって、得意なエリアと不得意なエリアは存在します。
年齢が高くても新人ドライバーということもありますし、一概に絶対みんなが道に詳しいというわけではないのです。
道に詳しくないドライバーの車なんて乗りたくないと思う人も少なくはありません。

そんな風にお客様から思われてしまっては、営業的に不利になってしまうので、タクシードライバーの必須項目とも言えることは、道を覚えるということです。
カーナビが搭載されているタクシー車両が多くなってきていますが、カーナビに頼りきっていると、実はもっと近い道順があったり、古いカーナビだとそもそも住所が登録されていなかったりします。
なので、自分で道順を覚えられるようなコツを知っておくといいですよ。

まず、現役のタクシードライバーはどうやって覚えているのか、というと、道路地図を基本として覚えることです。
例えば、自分の営業エリアの最低限の乗り場を覚えて、その周辺の王道の道を覚えておく、なども効果的です。
基本的に、同じ場所を何度も何度も繰り返し往復することによって、体が自然と覚えていきます。
また、わからない時は正直にお客様に聞いてみると、地図に載っていないような細かい道順を教えてくれることもあるので、紙に書いておいたり、帰り道にもう一度走ってみるなどして、ちょっとずつ覚えていくのも手です。
人間の記憶力というのは個人差があるので、すぐに覚えようとしても無理があります。
道順というのは複雑な場合も多く、最初は覚えられるのか自信がないと感じるかもしれません。

しかし、記憶力というのは高めることができるものです。
本当?と思いますよね。
それは、科学的にも証明されていて、大事なことはストレスを与えないことです。
ストレスを受けると集中力が散漫になり、記憶力がすり減っていきます。
そのため、ストレス発散を適度なに行うことが大事だと考えられますが、おすすめのストレス発散方法は「誰かと会話をすること」です。
会話自体が脳に刺激をもたらしてくれて、記憶力向上にも役立ちます。
積極的に普段から会話をして、記憶力向上させてストレスも発散させましょう。

また、食事も大事なポイントになってきます。
食べることもストレス発散になりますし、脳にエネルギーを与えることで記憶力も向上します。
記憶力に効く食べ物は、納豆、パン、マグロ、サンマ、チーズ、イモ類です。
これらを組み合わせて食事内容を決めるとより一層体に良い影響を与えてくれますよ。

記憶力を高めるためにもう1つ大事なことは、自分の記憶力に自信を持つことです。
年齢を重ねると記憶力が悪くなった、と感じる人もいます。
しかし、それは年齢のせいにして記憶力が悪いと思い込んでいるだけなので、実際は自信を持つことによってきちんと記憶力を保つことができます。

どうすれば記憶力に自信を持つことができるのか、というと、自分の中にあるポジティブな記憶を思い出すことです。
そして、自分の中で1つ道順を覚える目標を立てて、成功をした時にきちんと褒めてあげる、そういったことの繰り返しで自分に対して自信を持つことができます。
また、1つ道順を覚えては褒めるを繰り返すことによって、成功体験を自分への自信を高めてください。

無料相談はこちら