お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > タクシーが業界で使用される3つの呼び名

タクシーが業界で使用される3つの呼び名

タクシーが業界で使用される3つの呼び名

タクシーが業界で使用される3つの呼び名の違いをご存知でしょうか?
タクシーの

・運転手
・乗務員
・ドライバー

今回のコラムでは、タクシー業界に関連する「運転手」「乗務員」「ドライバー」、この3つも職種について、
どういった意味を持っていて一体何が違うのか、どんな人がタクシー業界に向いているのかなどその概要をご紹介していきます。

また、タクシー業界で勤務するための必須資格などもあわせて、公開していきますので、この機会に是非タクシー業界について知っておきましょう。

タクシー業界に関わってくる職種名についてはドライバーや運転手、乗務員などが挙げられますが、
乗務員が仮に1人しかいないタクシーの場合ですと基本的にはこれらの言葉を分ける必要はありません。

私たち、タクシーにお金を支払って乗るお客様側の立場からすると「運ちゃん」「運転手さん」などと一般的には呼んでいるかと思います。

その運転手さんが所属するタクシー会社の規定によっては「乗務員」や「ドライバー」で呼び分ける場合もあります。

紹介しました3つのうち、どの呼び方であったとしても
「タクシーに乗車し、お客様を目的地まで安全に快適に輸送する仕事」と求人情報を見る際はそう捉えて頂いて問題ないでしょう。

タクシー業界の必須資格と適性について

どのような能力や資格がタクシードライバーとして働く際、必要になってくるか

ここからは、タクシー乗務員には何を求められ、どんな資質と資格を取得しなければならないのかチェックしていきます。

○タクシー業界に向いている人

タクシードライバーとして働く際、どのような人がこの業界に向いているのかご紹介いたします。
あなた自身に当てはめてみて、タクシー業界と適性を確認してみてください。

【多少運転時間長くても苦にならない人】

勤務してい時のほとんどをタクシーを運転しながらその日を過ごすので、自分で運転することが好きであること、
または運転が他の人に比べ得意な人、長い時間、運転することも全然苦にならないという人が向いていると言えます。

【1人で勤務することに寛大な人】

基本的にタクシー業界で勤務することになると、すべて業務は1人で行うのが一般的です。
そのため、1人での行動・業務が苦にならない人、もしくは1人が好きな人の方が無理なく続けられるでしょう。

【お客様に対して気配り・気遣いの心を持ち合わせている人】

タクシー業界というのは、接客業でもありますし、同時に一種の輸送業です。
お客様が自分の運転するタクシーに乗車したならば、気配りや気遣いがきちんとできる人(快適に過ごしてもらうため)が求められてきます。

○一種の他に普通二種免許を取得しなければならない

一般の人たちが取得する普通運転免許と呼ばれる普通自動車一種免許とはべつに
「普通自動車二種免許」(二種免許)がタクシー運転手になるためには必ず必要です。
二種免許がなぜ必要かというと、

お客様が存在し、そこから代金を頂いてお客様を安全に快適に輸送するために必要な資格と国で定められているからです。

二種免許がタクシー会社入社時に必ず持っていなきゃいけないというわけではありませんが、
もし二種免許取得していない場合は、入社後に必ず取得しなくてはならなくなります。

勤務するタクシー会社にもよるのですが、東京や地方のタクシー求人サイトを見てみると、会社側で定めている規定をその人が満たしていれば二種免許取得にかかる費用を一部、
または全額負担してもらえる場合もありますので、事前に各タクシー会社の制度についてに確認しておきましょう。

無料相談はこちら