お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 企業がドライバーを採用するメリット

企業がドライバーを採用するメリット

企業がドライバーを採用するメリット

企業はドライバーを採用をする際にドライバーに求める条件は多く存在しますが、その中でも「プロドライバー」に求められる条件や、それを企業はなぜ求めているのかを確認します。

①事故を未然に防げる方

ただ安全運転をする、事故を起こさないということだけではなく、どうしたら事故を防ぐ事ができるのかということを考えられる人材を企業は求めています。
事故は運送会社にとって、非常に恐ろしいことなので、当たり前の条件の一つです。

②意識の高いドライバーの方

ドライバー同士で互いに刺激し合い、成長できる職場は定着率も上昇し、CSや売上の向上にも繋がるのです。

③経費を削減出来る方

ドライバーによって大きく変化するのが、事故率やマナーに加え、余分な時間外手当や燃費なども上げられます。
ここにまで気を遣えるドライバーは企業から欲しがられる人材の一つです。

④顧客満足度を高められる方

優秀なドライバーは接客能力も高く、荷物を獲得する為の情報収集力や営業力などを持ち合わせています。
このような能力を持っているドライバーは、企業にとって、売上UPに繋げる事ができるということで、採用ニーズは非常に高くなるのです。

⑤会社の信用力を上げられる方

ドライバーの運転スキルが高い、公道でのマナーが良いという事は必須条件になります。
一般の方はドライバーのマナーをよく見ており、悪いマナーの場合クレームに繋がり、会社の社会的に信用が失われてしまいます。
会社の信用力を上げるにはドライバーのドライビングスキル、マナーがとても重要になってくるのです。

プロドライバーになる為の重要な技術

上記の企業が求める優秀なドライバーに対して、ドライバーの自分たちはどのような技術を磨けば良いのかを確認します。

①ドライビングスキルを磨く事

なんといってもドライビングスキルが一番重要です。
ただ運転が上手いだけではいけません。
道路交通法などの専門知識はもちろんの事、点検・整備、車両の不具合の発見など、事故を未然に防ぐ能力こそがドライビングスキルがあるという事なのです。

②営業の技術を磨く事

ドライバーとしての営業力も最も重要になってきます。
荷主に対して適切なコミュニケーションをし、満足度を高めたり、新たな仕事の依頼や交渉など、
ドライバーがスキルを身につける事により企業が得られるメリットはとても大きな存在となってくるのです。

③荷扱い技術を磨く事

荷扱い業務は、送業の運行業務の中で、多い場合には半分以上を占めるケースがあります。
ただ目的地に荷物を運ぶという事だけがドライバーの仕事ではありません。
荷主もそれだけでは満足しないのです。

荷台に荷物をバランス良く、荷崩れないよう、スピーディーに作業を行うことで、事故も未然に防げますし、
運行予定にも余裕が持てるようになるのです。
そしてこの荷扱い作業は、荷主の前でする事も多いので、良い荷扱いができれば、荷主への信頼感や安心感を得る事に繋がるのです。

これから来るドライバーの需要に応えられる人材になることが、将来のドライバーとして働きやすい環境、安定した収入を得るために必要不可欠になっていくのです。

無料相談はこちら