お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > 夢追う若者必見!

夢追う若者必見!
プライベート重視のタクシー業界

なぜ新卒や20代若者のがタクシードライバー選ぶのか

今は働き手が足りていたとしても、働き手が高齢化になってします現象というのはタクシー業界にカ阿木らず非常に深刻な悪影響を与えてしまいます。
タクシー業界、タクシードライバーの世界は年々高齢化が進む一方で、最近はその頼みの綱の高齢者もあまり引き受けたがりません。

そこで注目されているのが20代や学生の若い人たちです。
中途採用で転職者を募るだけでなく、新卒での募集を増やす会社が東京や都心部、地方で全国的に増えてきています。

若者や学生が新卒でタクシードライバーになるメリット

残業代の未払いや法律で定められた限界を超えた長時間勤務などの社会的問題が背景としてある中、
仕事もプライベートも、両方を充実したものにしなければいけないワークライフバランスの重要性が徐々に日本でも浸透してきています。

進んでブラック企業に入社するという人もそうはいません。
つらい仕事は極力労働は避けたい、高い給料なんかよりも自分の勤務している労働するにあたっての環境が自分にとって良いかを重視するという若者や学生が圧倒的に増えています。

そんな中、今注目されているのがタクシー業界なんです。
タクシードライバーの働き方は現代の若者の思想に反していない働き方制度がそこにあります。

タクシードライバー新卒の給料

2016年11月17日に発表された厚生労働省の「平成28年賃金構造基本統計調査」の結果によると、
大学卒の初任給は20万3400円。

年度によって初任給の違いはあるかもしれませんが、ここから大きく変わることはないと思いますが誤差は生じてくると思います。
年収にして考えるとボーナスを入れたとして、250万から280万円程度と考えておくのが妥当と言えそうです。

それに対してタクシー会社に新卒で就職した方の初任給は一体いくらだと思いますか?

タクシー業界大手で知れ渡っている、国際自動車株式会社が公開している情報によりますと、新卒で入社した社員の初年度年収は平均で大体280から300万円と発表されており。

その翌年、翌々年も右肩上がりのうなぎ上りで年収は増加していき、5年後には600万円を超えていくると予想されています。
これはあくまでも平均的な年収になりますので人によっていくらか差はついてくるものです。

中には初年度年収400万円以上を保証しているタクシー会社もあるくらいです。

なので、このタクシー業は今最もホットな業界という認識して頂ければよいと思います。

なぜこのような給与体系が実現できるのかというと、
多くのタクシー会社の給料のシステムは一定の基本給に加えて、各自、それぞれの売り上げに沿った歩合給が加算されるのが一番の要因です。

分かりやすく端的に申しますと、「頑張れば頑張った分だけ自分の給料が増える」ということなのです。
なのでいくら新人であっても、実力があり業績を上げることができれば初年度から先輩の給料を軽く上回ることも可能な世界になっています。

非常に個々の力というのが重要になってくる業界です。 そのため東京都内の求人をみても基本的に「一人でこなす」というようなカテゴリー分けに分類されています。

自分の時間が確保できるのは休みが多いから

もちろん勤務時間はしっかりと働かなければいけせん。これは当たり前のことですよね?しかし、タクシードライバーは休みをつくることが容易に可能な業界でもあります。

まとまった時間をとることで、将来こんなことしたい、起業資金を貯めたいというような、自分の夢を追う活動も非常にしやすくなります。アルバイトやパートに比べても収入が安定して高いのもこの業界の特徴的なポイントです。
タクシー会社やそれに似た業界のような高い給料があればまず、家賃や光熱費、食費などの生活費で困ることは無駄遣いしない限りありませんし、自分の夢への投資も十分可能になります。

この社会で多いのが、自分の生活を嫌々切り詰めて起業や投資なんかで成功したという美体験談はよく見かけると思いますが、栄養不足に陥り体を崩してしまってはなんのいみもありませんよね?
人は人自分は自分というの強く持ってタクシードライバーの求人を探すと良いと思います。 あなたの夢を本気でかなえたいのならばまずは活動するために万全な環境を整える方が非常に重要だと思います。

若者を自社に縛らないタクシー会社が増える

会社が欲している人材はあくまで、将来も長く働き続けてくれる人。
入社して働きだしてから自分にはやりたいことが別にあるとは言えないと思います。

こっそり裏で活動をしながら、いざ勤め先の会社を辞めようと思っても上司や先輩からは考え直すようにと言われるはずです。
そうなってしまうと、どう考えても、会社に毎日勤めながら残業もこなし夢を目指すのは難しいと思います。

しかしタクシー業界では一部その古い考え方がありません。
実は今、風潮の一つに若者の夢を全力で応援しましょうというタクシー会社が増えてきているのです。

飛鳥交通株式会社は東京に本社を置くタクシー会社ですが、ドリームプロジェクトと名したプロジェクトを開始しました。

基本的には若者の夢を積極的に応援する活動を行っていますが実態はまだあまり知れ渡っていませんが新しい文化を積極的に取り入れようとする精神はやはりほかの業界と比べ一歩先を行っていると考えられます。

会社がかかえる社員達の夢を理解してくれていれば活動もしやすくなるし効率もよくなるはずです。
友人や家族との付き合いを断るために変な言い訳をもうしなくても大丈夫ですし、同僚や先輩も同じで気持ちをりかいしてくれるため、自分と似たような人のことをしている、夢に向けて活動することに対して協力してくれるはずです。



無料相談はこちら