お役立ち情報
新着情報
キャラクター紹介
  1. トップページ
  2.  > タクシードライバーの業務や収入について

タクシードライバーの業務や収入について

タクシードライバーの仕事内容や働き方、給与システム、
タクシードライバーへの転職・就職を検討している方に向けたコラムを紹介していきたいと思います。

タクシードライバーの仕事って運転じゃない?

まずは、タクシードライバーの基本的な仕事内容と働き方や給与システムについてご紹介していきます。

具体的な仕事内容は2つあります。
タクシードライバーの仕事は、主に大きく分けて2つに分かれるのをご存知でしょうか?

1:お客さまを目的地まで安全に快適にお送りする

多くの方のイメージの一つ、タクシーに乗車し、顧客を目的地まで安全にかつ快適にお送りします。タクシードライバーにとって最も大切な、メインの仕事の一つです。

これ以外になにかあるの?と思われる方も多いかもしれません。

2:自信が乗車する車の整備

タクシー会社によりますが、専門の整備士を設置している場合もありますが、乗車するドライバーが自分自身で点検することもよくありますので覚えておくと良いでしょう。

また、タクシーは会社の所有物にあたりますので、自分専用のタクシーを用意されることはまずありません。 つまりドライバーたちの中でその日によっで乗車する仕組みをとっていますので、次に乗車する人を不快な気持ちにさせないよう車内、車外の清掃も業務の中の一つとして扱われています。

毎日乗車するタクシーをベストな状態に保つ為には、毎日の整備や掃除を怠るわけにはいきません。

タクシードライバーの働き方

タクシードライバーの働き方には、主に3つの勤務形態があります。

【隔勤】
この勤務形態がタクシー業界で一番多い働き方です。日勤と夜勤の両方を通して1日働き、翌日は1日休むといった勤務体系です。転職される方で一番多いのもこの形態です。

【日勤】
昼間から夕方にかけてのみ乗務する勤務形態です。一般の会社員と変わりません。お金のよりも、自分の時間を重視したい方、時間を決めて働きたい女性や高齢者が多いのが実情です。 【夜勤】
東京都内だとこの勤務形態をよく見かけていると思います。夕方から深夜、明け方にかけてのみ乗務する勤務形態です。深夜割り増し料金の時間帯に働くため、日勤に比べると報酬高くなります。

タクシーに必要な資格は免許外にあるの?

ご存知かもしれませんがタクシー乗務を行うには「普通第二種免許」の取得が必須です。一般的に運転免許と呼ばれる普通第一種免許と合わせて二種免許の方を取得してください。

・地方によって「地理試験」も必要になる
東京や神奈川・大阪の一部の地域で勤務するには、そこの地域の地理をどの程度しっているのか、基準は満たしているのかの基礎知識が試される「地理試験」という資格が必要になる場合もありますので、お住いの地域で資格が必要かどうか確認してみてくださいね。

結局タクシードライバーはいくらもらえるの?

タクシードライバーは、「歩合制」か「一定の固定給+歩合給(または賞与)」という給与システムの二つに分かれます。

平均年収は約332万円ですが、()一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の調査によると)歩合制という制度があるので、収入には個人差があります。

働き方や営業スタイル全く異なっている業界ですので、月の収入が平均以上以下になることも十分にありえますので、そこは十分に気を付けて働いてください。

タクシードライバーの求人ってでてますか?

ここからはタクシードライバーの求人を見つける方法をご紹介します。

【誌面やチラシで探す】
折り込みチラシや誌面でも、お住まいの地域のタクシードライバーの求人が紹介されていることが多いので、ポストの中を一度チェックしてみましょう。

【インターネットで探す】
インターネット上の転職サイトは、タクシーの求人情報が膨大にでてきます。誌面もそうですが、ネットだと何がよくて何が悪いのか確認のしようがありません。

あなたにあったタクシー会社を探したいあのであれば、タクシーハローワークを活用すると良いでしょう、

無料相談はこちら