女性ドライバー

前回、タクシーのオート・ドアサービスが、1964年の東京五輪を契機に全国的に普及した話をしました。『ドアが開くまで待っている人がいたなら、それは日本人だ』という外国の逸話があるくらい、日本人にとっては当たり前のサービスです。

2回目の東京五輪を控えた今、来日された方が、日本のタクシーのサービスをどう思っているのか・・・気になるところです。聞けば、概ね料金の高さ以外は、好意的に思ってくれているようです。車のキレイさ、特にシートカバーと、フロアマットの清潔さに注目している方が多いのは興味深いところです。

あと、なるほどな・・・と思ったことは、日本は女性のドライバーさんが多いという意見です。他の職種に比べれば、必ずしもまだ多いとは言えませんが、それでも近年は増えてきました。確かに他の国で女性ドライバーさんは、それほど見たことがありません。まぁ、私程度の渡航経験では正確なことは言えませんが、少ないような気はします。

個人差はあるでしょうが、私などは女性ドライバーさんの車に乗ると安心します。接客が柔らかい感じがしますし、女性ドライバーさんは、無茶をしないような気がするのです。それはそれで偏見かもしれませんし、私が異性だからという事もあるかもしれません。ですが、ホッとするのは事実です。

実際、女性のお客様に訊くと、夜遅い時間にタクシーを利用する際、女性ドライバーさんだと安心するという意見は多いです。こちらに関しては、ごく一部の心無い男性ドライバーさんの女性を軽視した態度が、端を発している結果と言えるかと思います。とはいえ、男性ドライバーさんに非がなくても、女性の方が殊更に神経過敏になっていることも、なくはないかもしれません。要は、本当に良くない接客をする人こそ、断罪されるべきです。

素晴らしい接客をするタクシドライバーさんは、たくさんいらっしゃるのですから、お客様側にも妙な固定観念は持っていただきたくないと思います。あるベテラン・ドライバーさんが「難しいことじゃないよ。自分がされたら気持ちのいいことを、相手にもしてあげあげたらいいんだよ。」と、言っていました。相手が気の置けない私だからこその、ざっかけない言い方でしたが、それだけに真理とも言える言葉だと感じました。

カテゴリー: タクシー   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>