タイの乗り物【ゾウさん】

かわいいでしょ?この子は、チャチャイ君と言います。多分。この日は一段と天気がよく、絶好のゾウ日和でした。乗っていると、意外に速足なんだなぁ~と思います。長いコンパスで、水の中にだってズブズブ入ります。あまり見ることがないかもしれませんが、ゾウは口を開けた時が大変に愛らしく、本人にはそのつもりはないのでしょうが、ピンクの口が三日月形になり、何となく笑っているように見えます。

文字通り、道草も食います。この子は、余計なことばっかりするので、ゾウ使いのおじさんが、棒の尖った部分でググ~ッ、ググ~ッと硬い皮膚を押していました。でも、ダメージなしです。他の子はズンズン帰路についているのに、おかまいなしで、ひたすら高い木に鼻を伸ばしてゴソゴソしていました。それはいいのですが、小さい虫だか、葉っぱだかわからない粒状のものが、私の頭頂部や、背中にふりかかってきたのには、プンスカしてしまいました。

この写真だと遠目で分かりづらいのですが、この子はかなり横っ腹がせり出ています。まるで生コンを運ぶミキサー車のようです。そのせいか歩くのが人一倍遅く、最初は私の乗っていたゾウの先を行っていたのですが、いつの間にかビリッケツになっていました。当たり前のことですが、ゾウも一頭一頭、性格も違えば顔だちも違います。何頭かを一緒に見ると、その違いがよく分かり大変に興味深いです。

この子たちこそ、究極のエコカーなのです。

 

カテゴリー: タクシー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。