あなたが運転したい車はどれ?タクシー車両の種類とは

 

街中で見かけるタクシーの種類も昔より様々なものがみられるようになったと思います。また、一口にタクシーといってもその使用方法などで様々な種別があるのです。これからタクシードライバーとして働こうとしている方はタクシーの車種も併せて検討材料の一つにしてはいかがでしょうか?長い付き合いになる大きな仕事道具ですから、より自分に合ったものを選択できたらいいですよね。今回はどんなタクシー車両があるのか、ご紹介したいと思います。

そもそもタクシーの種類ってなにがあるの?

車種とはまた別の話になりますが、実は用途別のタクシーというものがあります。介護に使っていただけるよう、車椅子のままタクシーに乗り込めるようなものや、目的地を同じとする他のお客さんと一緒に相乗りするものですとか、ただ目的地へとお客さんを運ぶだけではなく、観光客向けに観光スポットをめぐるものなど、ただお客さんを希望の目的へと運ぶことだけを目的としないようなものまであります。
一部ご紹介してみましょう。

普通自動車第二種免許のほか、介護の資格も必要、「介護タクシー」

「介護タクシー」という言葉を聞いたことがありますか?読んで字のごとくではありますが、お客様の対象を、高齢者や障害を持った方、からだの不自由な方としているタクシーのことです。利用者を希望の場所まで運ぶという一般的なタクシーとしても目的はもちろんありますが、利用者への介護もその業務内容としています。その為、「介護タクシー」の乗務員は、介護に関する資格が必要とされます。その介護業務ですが、一例をあげますと、利用者を自宅のベッドから車両まで乗車していただく際の補助を行ったり、病院のなかまで付き添ったり、などがあります。一般的なタクシーとはかなり違ったタクシーですね。また、使用する車両もウェルキャブで、車椅子のまま乗車できるようになっていたりと、一般的なセダン車とはことなった機能と特徴を持ちます。

目的地まで乗せることが仕事じゃない、観光案内はお任せ「観光タクシー」

ただ黙々とひたすらお客さんを捕まえては運び、また捕まえては運ぶ、ちょっと作業と化すことがまま見受けられることもあるタクシー乗務員という仕事ですが、「観光タクシー」はお客様との会話も必要になってきますので、一風変わったタクシー乗務員に興味がある方には良いかもしれませんね。「観光タクシー」とは読んで字のごとく、観光スポット案内を目的としたタクシーです。「観光タクシー」は運営するタクシー会社が独自に観光ルートを設けて案内することが多いですがお客さんが希望されるルートを回ることもあります。また、大きな違いとして挙げられるのはその料金制度です。一般的なタクシーでは走行距離と時間によって運賃が計算されますが、「観光タクシー」では30分ごとにいくら、60分ごとにいくら、という定額の料金設定というのが大きな特徴です。
観光バスと似た側面をもつサービス提供になりますが、「観光タクシー」の場合には利用者の人数で金額が変わることなく、車両一台での定額料金設定ですので、人数ごとで料金計算される観光バスとではその部分で大きな違いがあります。
当然ですが、観光タクシーのドライバーには営業エリアの観光スポットのみならず、周辺施設、たとえは美味しい食事ができるところだったり、旅行雑誌には載っていないような知る人ぞ知るてきな穴場スポットなどに精通していることが望ましいでしょう。
タクシーと一言にいってもこのようにいろんな業態のタクシーがあります。普通のタクシーとはちょっと違ったところで働いてみようかな、という人はこういったところも良いかもしれません。また、今回ご紹介したタクシー以外にも種別があるので興味がある方は是非調べてみてくださいね。

タクシーの車種っていろいろある

タクシー会社ごとに、使用する車種は決定していますから、この車両じゃなければタクシーとして認められない、といったことはありません。もちろんだからと言ってなんでもよいのかというとそういうことではなく、国土交通省の道路運送車両の保安基準に適合していることが条件になります。これは後部座席に利用者を載せてタクシーは走りますから、安全性と車両の乗り降りのスムーズさを一定の基準を設けることによってそれを保っている形ですね。
よくみられる車種は、トヨタ自動車からは、「クラウンコンフォート」、「クラウンセダン」、「コンフォート」でしょうか。「コンフォート」は教習所でもよく使用されていますから運転されたことがある方が多いのではないでしょうか。日産自動車からが「セドリック」が発売されていてこれもよく見かけますね。タクシーと聞いて思い浮かぶ車種というと、先に挙げた車種が真っ先にあがるであろう、一番一般的なセダンタイプのタクシーですね。トヨタ自動車のハイブリッドカーである「プリウス」もよく見かけるようになりました。ハイブリッドの特徴である燃費の良さからタクシー会社としては入替時のイニシャルコストはかかるものの、メリットは大きいようですね。また、最近はセダンタイプだけでなく、ミニバンやハイトワゴンタイプの車種もタクシーとして使われることが一般的になってきました。運転する側としてはミニバンのような大きな車は狭い路地の運転などには気を使いますし、慣れ親しんだセダンタイプからの切り替えには多少の苦労はつきますが、利用者の声としてはセダンタイプより圧倒的に広い空間と積載量から好評のようですね。昨年2017年にはトヨタ自動車がハイトワゴンタイプのタクシー車両「ジャパンタクシー」を発売して大きな話題になりました。これは1995年から販売されていたトヨタ自動車のタクシーラインナップの実に12年振りの後継車種として発売されたもので、国土交通省が認める「ユニバーサルデザインタクシー」の要件を満たした車種として認定を受けています。2017年の発売ではありますが、最近すでに走っている光景を目にかけることができます。

タクシー会社が保有している車種をチェックしておこう

どうせ働くなら自分の気に入る車で働きたいですよね。タクシー会社のホームページには保有している車両の情報が掲載されていることがありますので気になる人はチェックしてみるといいでしょう。車は仕事中ずっと使うものですから、仕事選びの材料の一つとして決して小さなものではないと思います。是非素敵な車で街中を走ってみてください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。