東京でタクシー会社に転職する際の注意事項

東京は他県と異なり、タクシーの需要が年々増加している都市であるため、転職を検討している人も少なくありません。タクシー乗務員になるためには、二種免許が必要ですが、東京ではさらに地理試験に合格する必要があります。

タクシー乗務員に採用されるためのポイント

 

 

東京などの都市圏では、タクシー乗務員の需要が大きく、求人募集も多いため、転職を検討する人も少なくありません。以前は、ドライバー募集に応募するためには、二種免許が必要でしたが、最近では普通免許を持っていれば、採用後に取得することを可とし、取得にかかる費用を支給しているタクシー会社もありますから、どういった条件の求人があるのか、タクシー乗務員に特化した転職サイトでチェックしてみるとよいでしょう。
二種免許よりも、取得が困難なのが地理試験です。これは、東京のほかに、神奈川、大阪でタクシー乗務員になるために必要な資格ですが、自分が働きたいと考えている地域の主要道路や、施設などに関する問題が40問出題され、32問正解するとクリアになるといったものです。タクシーを利用する人が目的地とする施設などが出題されると予測されますから、皇居や東京タワー、スカイツリーといった東京ならではの観光地はもちろん、日本武道館や東京ドームといったイベント会場まで幅広く抑えておく必要がありますから、少なくとも観光ガイドブック1冊分くらいの知識は必要です。
さて、二種免許、地理試験に合格すれば、転職先であるタクシー会社を探すことになりますが、ドライバー募集を確認する際、給与や一時金にばかり注目してしまいがちですが、寮や仮眠施設といった福利厚生面や交通事故に遭った場合の保険制度や違反金の立替えなど、安全かつ安心して仕事ができる環境であるか否かが、長く勤務するためには一番大切なことです。
タクシー乗務員の募集広告については、転職サイトに数多く掲載されていますが、大切なのは、必ず転職サイトのコンサルタントから、毎月の平均的な残業時間や職場風土など、サイトには掲載されていない情報を聞き出しておくことです。そして、転職してしまう前に、職場の実態がイメージできるようにしておくことが、円滑にタクシー乗務員となる秘訣です。

 

 

東京は、神奈川、大阪などと並んで、タクシーの需要が大きい都市ですが、タクシー乗務員になるには、円滑に業務が行えるよう、その地域の主要道路や施設に関する地理試験が実践されています。したがって、東京でタクシー乗務員になるには、各観光スポットを確実に押さえておく必要があります。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。