求人をチェックする前に!タクシー乗務員とは

不景気などの影響で転職が上手く行かない場合もあります。その中でもタクシー会社の採用でタクシー乗務員に転職を考える人は少なくありません。資格がなく未経験であっても募集が可能な会社も多く、年齢が高くても再就職しやすい魅力もあります。タクシードライバーになる為には、どのような手順が必要なのでしょうか。

タクシードライバーになる為には

タクシー乗務員は他業種と比べて年齢的に幅広く、多方面から経験を問わずに積極的に受け入れている実績があります。無資格未経験でも採用のチャンスがあるこの職種ですが、タクシードライバーになる為には、「普通第二種免許」が必要になります。この資格は、タクシーやバス、ハイヤーや運転代行を行う場合の旅客運送契約遂行として自動車の運転をする場合に必要な免許です。この免許の受験資格は、21歳以上で大型免許、中型免許、普通免許、大型特殊免許のいずれかの免許を取得してから通算3年以上経過していることが必要です。また、二種免許は普通免許よりも視力検査の基準が高くなり、片目0.5以上、両目0.8以上が必須になっています。その他にも深視力の検査も必要になります。
この免許を取得する方法としては、合宿あるいは教習所にて最短7日間~10日間程度で取得ができます。適性検査、学科試験(95問中90点合格)、技能試験(80点合格)を合格して、最後に試験場にて学科試験を受講することになります。この場合の受講費用や受講中の日当に関してもタクシー会社が支給してくれる会社も多いため求人の際にはチェックが必要です。
タクシー会社の求人に対する募集者は全国の地域から募集が集まります。地元在住ではなくても、寮完備の会社もある為、入寮することで募集する事が可能です。求人に対して履歴書送付と面接を実施し、面接後は健康診断を受診してドライバーとして働ける健康状態であるかをチェックする必要があります。
健康面のチェックが修了すれば、会社が指定する教習所にて二種免許を取得し、タクシーセンターにて研修を受けます。その後、就職先の地理試験を経て企業が加盟する無線グループにて乗務員教育を受け、接客や事故防止、メーターの取扱いや配車などの講習を受けます。その後実際に共感を配置したマンツーマンの同乗研修を受け、接客やメーターの取扱い、地理や営業に関するノウハウを学びます。これら全ての研修を経てドライバーデビューになるのです。

 

タクシー会社への転職を考えた場合は、タクシー乗務員に必要な二種免許取得のための費用負担や、取得に必要な期間の給与保証をしてくれるなど手厚い支援体制が整ったタクシー会社を選ぶことがポイントです。寮完備の会社もある為、転職先の条件をしっかりと整理して探すことが大切です。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。