いろいろなドライバー

『旅客自動車運送事業』とういう言葉があります。広義では他人の需要に応じ、有償で、自動車を使用して旅客を運送する事業という事になりますが、その中でも細分化されていまして、簡単にではありますが、説明しますと以下になります。

『一般乗合旅客自動車運送事業』→路線バス、都市間バスなどが挙げられます。運行する時間と経路をあらかじめ定め、不特定多数のお客様を乗り合わせて行う事業です。

『一般貸切旅客自動車運送事業』→貸切バスなどがここに入るでしょうか。企業・団体等と運送の契約を結び、車両を貸し切って運送する事業という事になります。

『一般乗用旅客自動車運送事業』→使用する車両は、乗車定員が10人以下の自動車になります。そうです。タクシー・ハイヤーがここに該当します。

さて、ようやっと出たタクシーとハイヤーですが、その違いとは何でしょう。よく訊かれる事ですので、違いを簡単にご説明させていただきます。まず、タクシーはお客様の求めに応じ、街中での乗車が主になります。片やハイヤーは完全予約制になります。

両方の仕事に共通している事は、お客様にご利用いただく事、そして二種免許が必要な事です。その二種免許を取得する際にも、以下のような資格が必要になります。

【21歳以上かつ大型、中型、普通、大型特殊免許のいずれかの免許を現に受けており、経験が通算3年以上の方】

他にも視力検査等の諸条件はありますが、ここでは意外と難関と言われている二種免許の事にウェイトを置いて少しお話ししたいと思います。意外となんて言ってしまいましたが、普通免許を持っている方は、『既に通って来た道』と軽く考えてしまい、油断をしてしまう傾向があるので、敢えてこの言葉を使いました。合格率は決して高くありません。ある年のデータでは、普通免許の合格率が68.9%に対して、二種免許の合格率は34.1%でした。

確かに難関ではありますが、全国でタクシードライバーの数は35万人を超えている訳ですから、恐れるに足りずともいえます。ですが、人には得手・不得手があります。どうしてもタクシードライバーの勤務形態が自分には合わないという人もいるかと思います。

そのような方には、二種免許を必要としない、それでいてお客様のニーズに応える事ができるプロフェッショナル・ドライバーの仕事があります。お客様(主に企業)の求めに応じて、ドライバーさんをアウトソーシングする形態です。

タクシーの仕事は、自ら創意工夫してお客様を、ある意味で開拓していく仕事です。『攻め』の姿勢が肝要ともいえます。今回の企業専属ドライバー(ここではそのように言います)は、当然、自ら動く事はNGなので、いかにお客様のご要望に臨機応変に応える事ができるかが肝要になります。

適材適所の言葉通り、タクシーの勤務形態は合わなくても、後者の勤務形態がピタリと当てはまる人はいます。個人的にはご自分に合うフィールドでのびのびと仕事をされる事が、メンタルヘルスの見地からも何よりの事かと思います。

ご興味のある方は、お気軽にタクシーハローワークまでお問い合わせください。

 

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。