ピンク・カラー

最近は家電や小物など、随分とカラフルなものが増えましたね。ただ、驚いたのはピンク色の霊柩車がある事を聞いた時です。洋型霊柩車との事ですが、どちらにしましてもなかなかに思い切った発想かと思います。

タクシー車両も御多分に洩れず、こにきて随分と車体の色に変化を見せております。実際、ピンク色の車体にやわからいフォルムの車両を導入し、女性ドライバーが運転するセクションを設けている企業はあります。街で走行しているところを見てみたいものです。女性ドライバーの数は依然増え続けているだけにこれから大いに期待したいところです。

女性の好きな色、もしくは女性らしい色というのは、ピンクになるのでしょうか。世代にもよるかと思いましたので統計を調べてみましたら、全世代を通して、ピンクを好きな色として挙げている女性がやはり多いようです。

諸説あるのですが、色彩心理学ではピンク色は、愛情・献身・幸福を表すんだそうです。身に着けるだけで精神が安定し、幸福感を与えてくれるとまできたら、女性に限らず、男性も気になる色と言えますね。

私の知っている限りですが、これでもかという位、ピンク・カラーのタクシー車両を導入している国があります。それはタイです。ショッキング・ピンクといってもよいカラーのタクシーを滞在中、どれほど目にした事か…。かの国の文化でもあるのでしょうが、外国に来たんだなぁ~という実感を持てて、私の目には楽しいものでした。

日本のタクシー車両も、来るべき東京五輪に向けてこれからまた変わってくるかと思います。思いっきり和のテイストを感じられる、天守閣を戴いた『お城タクシー』なんてのも登場するかもしれません。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。