タクシーならでは…のことに思う

秩父の長瀞に桜を見に行ってきました。北桜通りという正に桜のトンネルのような通りがあります。ライン下りの終点から送迎のバスで駅の方に戻る時に見ることができます。車に乗りながら見るのもよいと思ったのですが、できれば桜の中を歩きたいと考え、ドライバーさんによい所で車を停めてくださいとお願いしました。

快く了承してくださったので、ちょうどよい所でバスを降り、桜の絶景を堪能することができました。それもこれも、路線バスではないので可能なことなのですが、ここであることに気づきました。タクシーは、好きな場所で下車できるということです。もちろん、とうに分かっていたことなのですが、他の交通機関との明らな違いとして、改めて思い出したのです。

乗客側の立場として、ここで誤解してはいけないことがあります。それは、どこでも停車できるわけではないということです。駐停車禁止の場所では、もちろん、タクシーといえども車を停めることはできません。このことはドライバーさんのみでなく、利用する側も認識していなければいけないことだと個人的には思います。

よく信号機の付いた横断歩道のド真ん前でタクシーを停める人を見かけます。歩行者信号が青になった時に、通行の邪魔になったりしています。当然、ドライバーさんも注意する必要があるのですが、利用する側も「こちとら客だ」や「だって、知らなかったんだもん」という道理は、時として通らないこともあるかと思うのです。

運転免許を持っていない方もいらっしゃるでしょうし、仕方がない面はあるかと思います。ですが、ご存知の方はせめて、知らない方に教えてあげてほしいものです。タクシードライバーさんは違反が死活問題になります。ここは、『お互いさま』の精神でいきたいものです。

 

カテゴリー: タクシー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。