地理試験満点

東京特別区(23区)・武三地区(三鷹市・武蔵野市)でタクシードラバーになるには、東京タクシーセンターで実施している地理試験に合格しなければいけません。道路及び地名、著名な建造物の所在などを筆記試験により答えるものです。40問出題され、32問以上の正解で合格となります。合格率はその都度違うでしょうが、40%位かと思います。そう聞くと大層なものと思われるかもしれませんが、暗記が主になりますので、労力と時間を厭わなければ、確実に合格できるものです。

さて、その地理試験、今日、私がお会いした方で満点をとられた方がいらっしゃいました。私自身も試験を受けておりますが、2問くらいは落としています。理由は、厄介な問題があるからです。 その問題とは、応用問題編の『最短経路に関する問題』。こんな内容です。【次の乗車地から降車地までの、最短経路で経由する交差点名を下記解答群の中から順番に選び、その記号を解答欄に記入しなさい】

解答群を見ないと何のことかお分かりにならないと思いますが、要は【近道になるルートの交差点を順番通りに書いて】という問題です。言葉だと簡単ですが、乗車地、降車地の一つでもずれれば解答も変わってくるので本当に厄介です。ですから、他の問題はともかく、この最短経路の問題も含めて満点を取るというのは、かなりの偉業なのです。

その方は、地図を見るのが大好きと言っていました。いいですね。このような方は、道のエキスパートになるのが早いでしょう。ただし、東京の地理に疎い、地方出身者だから…という方も、落ち込む必要はありません。皆さん、受けてパスしていますから。得てして、中途半端に東京の道に詳しい人より、全く知らない方の方が学問として一から憶えてくださるものです。油断しないんですね。そのような例を私はたくさん見てきました。百聞は一見に如かずです。ぜひ、体験されてみてください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。