月別アーカイブ: 11月 2017

東京でタクシー会社に転職する際の注意事項

東京は他県と異なり、タクシーの需要が年々増加している都市であるため、転職を検討している人も少なくありません。タクシー乗務員になるためには、二種免許が必要ですが、東京ではさらに地理試験に合格する必要があります。 タクシー乗務員に採用されるためのポイント     東京などの都市圏では、タクシー乗務員の需要が大きく、求人募集も多いため、転職を検討する人も少なくありません。以前は、ドライバー募集に応募するためには、二種免許が必要でしたが、最近では普通免許を持っていれば、採用後に取得することを可とし、取得にかかる費用を支給しているタクシー会社もありますから、どういった条件の求人があるのか、タクシー乗務員に特化した転職サイトでチェックしてみるとよいでしょう。 二種免許よりも、取得が困難なのが地理試験です。これは、東京のほかに、神奈川、大阪でタクシー乗務員になるために必要な資格ですが、自分が働きたいと考えている地域の主要道路や、施設などに関する問題が40問出題され、32問正解するとクリアになるといったものです。タクシーを利用する人が目的地とする施設などが出題されると予測されますから、皇居や東京タワー、スカイツリーといった東京ならではの観光地はもちろん、日本武道館や東京ドームといったイベント会場まで幅広く抑えておく必要がありますから、少なくとも観光ガイドブック1冊分くらいの知識は必要です。 さて、二種免許、地理試験に合格すれば、転職先であるタクシー会社を探すことになりますが、ドライバー募集を確認する際、給与や一時金にばかり注目してしまいがちですが、寮や仮眠施設といった福利厚生面や交通事故に遭った場合の保険制度や違反金の立替えなど、安全かつ安心して仕事ができる環境であるか否かが、長く勤務するためには一番大切なことです。 タクシー乗務員の募集広告については、転職サイトに数多く掲載されていますが、大切なのは、必ず転職サイトのコンサルタントから、毎月の平均的な残業時間や職場風土など、サイトには掲載されていない情報を聞き出しておくことです。そして、転職してしまう前に、職場の実態がイメージできるようにしておくことが、円滑にタクシー乗務員となる秘訣です。     東京は、神奈川、大阪などと並んで、タクシーの需要が大きい都市ですが、タクシー乗務員になるには、円滑に業務が行えるよう、その地域の主要道路や施設に関する地理試験が実践されています。したがって、東京でタクシー乗務員になるには、各観光スポットを確実に押さえておく必要があります。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

タクシードライバーは幅広い人材を募集している

タクシーの運転手は経験者だけでなく未経験者についても採用をしている場合が多く、資格を持っていなくても応募できることがほとんどです。二種免許を持っていない人でも何故採用されるのかについて説明していきます。 入社後に資格を取得すれば問題ない     タクシー運転手で働くためには必ず二種免許が必要となりますが、それらは持っていなくても問題はありません。普通免許を所有していて取得から一定年数経過していることと、ペーパードライバー出ないことが条件となりますが、二種免許は入社後に会社側で取得費用をバックアップしてくれるので未経験からでも入社が可能です。待遇の良い会社では寮を完備していることも多く、住居を確保しつつ腰を据えてタクシーの仕事で働くことが可能です。タクシー運転手は未経験者で入社した場合には免許取得に向けて講習があり、決められた講習が終了したらいよいよタクシーを運転するための免許を取ることとなります。教習で取ることができるので難しい試験は一切なく、運転技術さえきちんと覚えていれば問題はありません。そして免許を取得して晴れて運転手となることができるのです。経験者ですでに二種免許を取得済みの方の場合には、その資格と経験に応じて基本給が高くなり、場合によっては前職よりも給料がアップすることがあります。寮を使うのは未経験者でも経験者でもどちらでも問題はないので、住む家を寮にしたい場合には面接の時になるべく早く伝えるようにしましょう。タクシー運転手は何歳からでもチャレンジできる仕事であり、やる気と向上心を持ち続けることで必ずや給料をアップさせることも可能です。日頃車の運転をするのが大好きという方や、接客スキルに自信があったり人と関わる職業に就きたい方にもマッチした仕事ですので、未経験からでも応募できて寮完備の仕事をしたい方はまずはタクシー運転手で検討してみるのも良いでしょう。採用基準はやる気があるかどうかと、運転手としての適性があるか否かですので、そこまで難易度は高くありません。二種免許はタクシー業界ならどこの業界でも通用する資格ともなりますから、タクシー運転手で働きたい方は気軽に求人に応募してみると良いでしょう。     タクシー運転手は事業用の車を運転するための免許が必須となりますが、それらは普通免許を持っている人なら簡単にとれる資格なので、取得については入社後にタクシー会社側が支援をしてくれます。ですから気軽にタクシー運転手として働き始めることが可能です。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

タクシー運転手として採用されるための確認事項

東京でタクシーの運転手として採用されるなら、どこの会社でも同じと思っている方もいるでしょう。ですがどこでもいいと思って就職先を決めると、採用されてから後悔する方もいます。そのような後悔を防ぐために、何をチェックして募集情報を探せばいいのか知っておくことも大切です。 求人サイトの情報を参考に就職先を選ぼう     タクシー会社のすべてが、好条件で雇ってもらえるわけではありません。中には悪い環境で働くことになるタクシー会社も存在しています。そのような条件の悪い会社で働かないようにするために、ハローワークなどで情報収集を行うときには、よく確認することが大切です。 例えばハローワークや求人サイトから東京のタクシー運転手の募集情報を探すとき、二種免許の扱いを確認することも忘れてはいけません。タクシーの運転手になるためには、二種免許を取得してからでなければダメと思っている方もいます。実は採用が決まってから、会社に金銭を支援してもらって二種免許の取得も可能です。このときハローワークの条件を見れば、二種免許取得にかかった費用は給料から天引きなどの条件が記載されています。 またハローワークをチェックするのであれば、事故が起こったときの対応や、万が一のときに備えた点を確認することも必要です。タクシーの運転をしていると、細心の注意を払っていても、避けられない事故にあってしまうかもしれません。そのようなときに会社の保証があるかないかは、自分の負担を考えるうえで重要です。ちゃんとした会社であれば、事故を起こしたときでも保証があります。 ハローワークの内容を確認することも大切ですが、稼げる仕事について考えるのであれば、募集情報以外から得られる情報も参考にしましょう。例えばタクシー会社を選ぶうえで大切なのが、顧客から高い評価を受けているかという点です。顧客からの評価が高ければ、利用者も多いため、安定して稼げる可能性が高くなります。 ほかにもタクシー会社で働いている方の平均賃金を調べるのも1つの手です。働いている方が稼いでいる平均が高ければ高いほど、自分も同じように稼ぎやすいのです。ほかにもタクシーの運転手同士の人間関係も大切な問題なので、評判や口コミも調べたうえで、どこのタクシー会社に応募するか選びましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

求人をチェックする前に!タクシー乗務員とは

不景気などの影響で転職が上手く行かない場合もあります。その中でもタクシー会社の採用でタクシー乗務員に転職を考える人は少なくありません。資格がなく未経験であっても募集が可能な会社も多く、年齢が高くても再就職しやすい魅力もあります。タクシードライバーになる為には、どのような手順が必要なのでしょうか。 タクシードライバーになる為には タクシー乗務員は他業種と比べて年齢的に幅広く、多方面から経験を問わずに積極的に受け入れている実績があります。無資格未経験でも採用のチャンスがあるこの職種ですが、タクシードライバーになる為には、「普通第二種免許」が必要になります。この資格は、タクシーやバス、ハイヤーや運転代行を行う場合の旅客運送契約遂行として自動車の運転をする場合に必要な免許です。この免許の受験資格は、21歳以上で大型免許、中型免許、普通免許、大型特殊免許のいずれかの免許を取得してから通算3年以上経過していることが必要です。また、二種免許は普通免許よりも視力検査の基準が高くなり、片目0.5以上、両目0.8以上が必須になっています。その他にも深視力の検査も必要になります。 この免許を取得する方法としては、合宿あるいは教習所にて最短7日間~10日間程度で取得ができます。適性検査、学科試験(95問中90点合格)、技能試験(80点合格)を合格して、最後に試験場にて学科試験を受講することになります。この場合の受講費用や受講中の日当に関してもタクシー会社が支給してくれる会社も多いため求人の際にはチェックが必要です。 タクシー会社の求人に対する募集者は全国の地域から募集が集まります。地元在住ではなくても、寮完備の会社もある為、入寮することで募集する事が可能です。求人に対して履歴書送付と面接を実施し、面接後は健康診断を受診してドライバーとして働ける健康状態であるかをチェックする必要があります。 健康面のチェックが修了すれば、会社が指定する教習所にて二種免許を取得し、タクシーセンターにて研修を受けます。その後、就職先の地理試験を経て企業が加盟する無線グループにて乗務員教育を受け、接客や事故防止、メーターの取扱いや配車などの講習を受けます。その後実際に共感を配置したマンツーマンの同乗研修を受け、接客やメーターの取扱い、地理や営業に関するノウハウを学びます。これら全ての研修を経てドライバーデビューになるのです。   タクシー会社への転職を考えた場合は、タクシー乗務員に必要な二種免許取得のための費用負担や、取得に必要な期間の給与保証をしてくれるなど手厚い支援体制が整ったタクシー会社を選ぶことがポイントです。寮完備の会社もある為、転職先の条件をしっかりと整理して探すことが大切です。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。