月別アーカイブ: 7月 2016

ウーマン ウーマン

国土交通省が女性のタクシードライバーを応援するプロジェクトを始動させるとの事です。ひと昔前と比べて格段に女性のタクシードライバーが増えた昨今、いまさらという気がしないでもありませんが、行政側が標榜し、推し進める事にこそ意義があるのかもしれません。 女性のタクシードライバーに関しましては、これまでもいくつかの例を挙げて、お伝えしてきました。私も企業訪問した際、インタビューをする事もありますし、客として利用した際にお会いする機会も、随分と増えました。 とはいえ、業界としては、まだまだ全面的にウエルカムとは言えないのが現状です。母子家庭の方にも、もう少し門戸を開いてほしいところです。隔日勤務ですと、拘束時間も長くなるので、母不在の時間が増える事がネックになるでしょうから、昼間の勤務をもっと増やすようにしてくださると嬉しいという声も 車で外に出る仕事ですので、ドライバーさんのセキュリティー面を危惧される声も聞かれます。絶対に危険な事は無いとは断言できないまでも、最近は防犯カメラ等も普及してきたので、ある意味で犯罪の抑止力にはなっているかと思います。 これからタクシードライバーになる事を考えている女性の方が、現役の女性ドライバーに「この仕事って怖くないですか?」と、訊いている場面に遭遇した事があります。以下は、その際の回答です。 「怖いですよ。でも、その位の緊張感を持ってやった方がいいかも。転がるボールの後には、それを追いかける子供がいると考える予測運転と一緒。転ばぬ先の杖とも言うのかな。それと、外に出て仕事するという事は、どの職業であれ何かしらのリスクを伴うでしょう。コンビニの店員さん然り、銀行員さん然りですよ」 割とあっけらかんと話してくれたのですが、現役の方の話す言葉だけに重みと説得力があり、質問者もしきりに頷いていました。確かにどの仕事にもリスクはあります。肝心な事は、予測し、備えること。ちなみに先の女性・現役ドライバーさんは、営業所の中では稼ぎ頭です。ポジティブな方は、どの現場でも強いです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ