カテゴリー別アーカイブ: 未分類

最低限の英語は喋れるべき?タクシードライバーの訪日外国人への対応とは

最近では訪日外国人の観光客が本当によく見られるようになりました。浅草の浅草寺、雷門周辺は外国人のほうが多いのではないかと思うほどですね。それくらい、訪日外国人観光客の数は増えてきました。 特に東京では電車の駅構内での乗り換え、路線の複雑化が進んでいるため日本人でさえ戸惑うことが多いですから、訪日外国人観光客にとってその煩雑さは目を見張るものがあるでしょう。そういった時にタクシーであれば、新幹線、あるいは空港から車で目的地まで乗り換えすることなく到着することができますから移動手段としては有力候補に挙がるはずです。しかしサービス提供者であるドライバーとしては言語の壁が立ちはだかります。 タクシー会社の外国語対策 タクシー会社としても訪日外国人観光客の増加の背景から外国語への対策を行っています。例えば東京4社の一つ、大手タクシー会社である「日本交通株式会社」では自社の特徴の一つとして英語・外国語への対応を謳っています。能力に応じてレベル分けをし、レベル3(英検2級・TOEIC650以上)約50名、レベル2(接客・観光案内などに対応可能)約20名、レベル1(成田送迎に対応可能)約120名、合計約190名の外国語対応可能なドライバーを保有しており、依頼者からの要望に合わせて適切なドライバーをアテンドします。また、英語のみならず、観光後・中国語・フランス語への対応も行っているようですね。また、同社では全運転手に向けて、月2回の英語講習会を開催しており、ハイヤー乗務に特化した日本交通独自のテキストを用いての会話トレーニング、そして成田送迎ロールプレイングを行っているようです。一例にはなりますが、各社こういった施策を訪日外国人観光客の増加への対策として講じているようです。 全国ハイヤー・タクシー連合会が発表する懸念材料 一般社団法人「全国ハイヤー・タクシー連合会」では増加する訪日外国人観光客、そしてその傾向は2020年に開催が予定されている「東京オリンピック・パラリンピック」でさらに強まるとし、その対策をアクションプランとして講じています。「全国ハイヤー・タクシー連合会」は懸念材料として次の4つをあげています。 ・ 多くの荷物を抱えた家族旅行(多人数、多荷物)に対応できるタクシー )に対応できるタクシー車両の不足。 ・ 母国語による送迎・観光ガイドの要望が強いが、外国語で接遇できるタクシードライバーの不足。 ・言葉の不安からキャッシュレス決済の要望が強いが対応する決済機を装備したタクシー車両の不足。 ・ 海外では、配車アプリが普及し、身近なサービスとして社会に定着しているが、海外から直接予約できる日本の配車アプリがない。 また近年、羽田、成田、関西等の国際空港あるいは主要駅等で 、 訪日中国人を始めとした訪日外国人を対象に、 日本国外の配車アプリを使った在日中国人等による白タク行為が横行しているとしてその対策も講じなければならないとしています。 ※白タク行為とは? タクシー事業として認可を受けた場合には緑字に白のナンバーをつけてタクシー事業者として営業することになりますが、許可を受けない場合には、通常の白地に黒のナンバーのままです。許可を受けずに白いナンバーのままでたうしー営業をしていることから、違法タクシー営業のことを「白タク行為」と呼びます。 先に挙げたものの対策として様々な指針を全国ハイヤー・タクシー連合会は打ち出していますが、その一部をご紹介してみましょう。 全国ハイヤー・タクシー連合会の対策と指針 ・日本の配車アプリの多言語化の普及促進 タクシー配車アプリでは、スマートフォンに搭載されたGPS機能から、利用者の乗車位置を把握し効率的に配車に向かうことができます。このアプリの多言語化を推し進めることによって訪日外国人観光客が気軽にタクシーを配車できるようにすることが目的です。既に「全国タクシー」「らくらくタクシー」「LINEタクシー」アプリでは英語、中国語、韓国語への対応をしており、連合会ではさらに導入を推し進めていくようです。 ・外国語で接遇できるドライバーの採用促進 かなり思い切った指針ですが、「全国ハイヤー・タクシー連合会」では2019年度までに外国語で接遇できるドライバーを1万人にまで増やすことを目標に掲げています。指針の一つとして、既存のドライバーへの英会話教育ではなく、外国人ドライバーの積極的な採用を進めるとしています。具体的には、 1.中国人留学生などを定時制乗務員(週28時間以内)として採用 2.国際業務ビザのインバウンド対応ドライバーへの適用 3.英語・中国語等による第二種運転免許試験の受験 4.技能実習制度へのタクシーサービス業務の指定 を要望を含めあげています。かなり思い切った要望も含まれている様子ですね。 既に始まっている訪日外国人への対策 ・外国語接遇ドライバー専用乗り場・入構レーンの設置拡大 実はすでに訪日外国人観光客向け専用のタクシー乗り場の導入は進んでいます。京都では一定の要件を満たしたドライバーと車両を訪日外国人向けタクシー「フォーリンフレンドリータクシー」として認定をし、専用の乗り場を京都駅前に設置をし、効果をあげています。認定ドライバーとしては、外国語及び接遇研修を受講した運転者、認定車両としては大型スーツケースが2個以上搭載出来て、各種クレジットカード及び交通系ICカードでの決済が可能な車両というように挙げられています。こういった認定や専用レーンの設置を主要国際空港・主要駅でも推し進めていくようです。 対応できるドライバーは重宝される? こういった背景から、今後外国語へ対応できるタクシー乗務員は重宝されると考えていいでしょう。外国語対応が可能であれば、外国人利用者への配車に対応ができるため、活躍できる幅が広がります。ドライバーの負担にはなりますが、技能として身に着けたのちには強い味方になってくれるでしょう。また、大手タクシー会社への転職を考えている方には外国語の習得は特に有利に働くでしょう。ビジネス英会話ほどのクオリティを求められることはなかなかないでしょうから、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

あなたが運転したい車はどれ?タクシー車両の種類とは

  街中で見かけるタクシーの種類も昔より様々なものがみられるようになったと思います。また、一口にタクシーといってもその使用方法などで様々な種別があるのです。これからタクシードライバーとして働こうとしている方はタクシーの車種も併せて検討材料の一つにしてはいかがでしょうか?長い付き合いになる大きな仕事道具ですから、より自分に合ったものを選択できたらいいですよね。今回はどんなタクシー車両があるのか、ご紹介したいと思います。 そもそもタクシーの種類ってなにがあるの? 車種とはまた別の話になりますが、実は用途別のタクシーというものがあります。介護に使っていただけるよう、車椅子のままタクシーに乗り込めるようなものや、目的地を同じとする他のお客さんと一緒に相乗りするものですとか、ただ目的地へとお客さんを運ぶだけではなく、観光客向けに観光スポットをめぐるものなど、ただお客さんを希望の目的へと運ぶことだけを目的としないようなものまであります。 一部ご紹介してみましょう。 普通自動車第二種免許のほか、介護の資格も必要、「介護タクシー」 「介護タクシー」という言葉を聞いたことがありますか?読んで字のごとくではありますが、お客様の対象を、高齢者や障害を持った方、からだの不自由な方としているタクシーのことです。利用者を希望の場所まで運ぶという一般的なタクシーとしても目的はもちろんありますが、利用者への介護もその業務内容としています。その為、「介護タクシー」の乗務員は、介護に関する資格が必要とされます。その介護業務ですが、一例をあげますと、利用者を自宅のベッドから車両まで乗車していただく際の補助を行ったり、病院のなかまで付き添ったり、などがあります。一般的なタクシーとはかなり違ったタクシーですね。また、使用する車両もウェルキャブで、車椅子のまま乗車できるようになっていたりと、一般的なセダン車とはことなった機能と特徴を持ちます。 目的地まで乗せることが仕事じゃない、観光案内はお任せ「観光タクシー」 ただ黙々とひたすらお客さんを捕まえては運び、また捕まえては運ぶ、ちょっと作業と化すことがまま見受けられることもあるタクシー乗務員という仕事ですが、「観光タクシー」はお客様との会話も必要になってきますので、一風変わったタクシー乗務員に興味がある方には良いかもしれませんね。「観光タクシー」とは読んで字のごとく、観光スポット案内を目的としたタクシーです。「観光タクシー」は運営するタクシー会社が独自に観光ルートを設けて案内することが多いですがお客さんが希望されるルートを回ることもあります。また、大きな違いとして挙げられるのはその料金制度です。一般的なタクシーでは走行距離と時間によって運賃が計算されますが、「観光タクシー」では30分ごとにいくら、60分ごとにいくら、という定額の料金設定というのが大きな特徴です。 観光バスと似た側面をもつサービス提供になりますが、「観光タクシー」の場合には利用者の人数で金額が変わることなく、車両一台での定額料金設定ですので、人数ごとで料金計算される観光バスとではその部分で大きな違いがあります。 当然ですが、観光タクシーのドライバーには営業エリアの観光スポットのみならず、周辺施設、たとえは美味しい食事ができるところだったり、旅行雑誌には載っていないような知る人ぞ知るてきな穴場スポットなどに精通していることが望ましいでしょう。 タクシーと一言にいってもこのようにいろんな業態のタクシーがあります。普通のタクシーとはちょっと違ったところで働いてみようかな、という人はこういったところも良いかもしれません。また、今回ご紹介したタクシー以外にも種別があるので興味がある方は是非調べてみてくださいね。 タクシーの車種っていろいろある タクシー会社ごとに、使用する車種は決定していますから、この車両じゃなければタクシーとして認められない、といったことはありません。もちろんだからと言ってなんでもよいのかというとそういうことではなく、国土交通省の道路運送車両の保安基準に適合していることが条件になります。これは後部座席に利用者を載せてタクシーは走りますから、安全性と車両の乗り降りのスムーズさを一定の基準を設けることによってそれを保っている形ですね。 よくみられる車種は、トヨタ自動車からは、「クラウンコンフォート」、「クラウンセダン」、「コンフォート」でしょうか。「コンフォート」は教習所でもよく使用されていますから運転されたことがある方が多いのではないでしょうか。日産自動車からが「セドリック」が発売されていてこれもよく見かけますね。タクシーと聞いて思い浮かぶ車種というと、先に挙げた車種が真っ先にあがるであろう、一番一般的なセダンタイプのタクシーですね。トヨタ自動車のハイブリッドカーである「プリウス」もよく見かけるようになりました。ハイブリッドの特徴である燃費の良さからタクシー会社としては入替時のイニシャルコストはかかるものの、メリットは大きいようですね。また、最近はセダンタイプだけでなく、ミニバンやハイトワゴンタイプの車種もタクシーとして使われることが一般的になってきました。運転する側としてはミニバンのような大きな車は狭い路地の運転などには気を使いますし、慣れ親しんだセダンタイプからの切り替えには多少の苦労はつきますが、利用者の声としてはセダンタイプより圧倒的に広い空間と積載量から好評のようですね。昨年2017年にはトヨタ自動車がハイトワゴンタイプのタクシー車両「ジャパンタクシー」を発売して大きな話題になりました。これは1995年から販売されていたトヨタ自動車のタクシーラインナップの実に12年振りの後継車種として発売されたもので、国土交通省が認める「ユニバーサルデザインタクシー」の要件を満たした車種として認定を受けています。2017年の発売ではありますが、最近すでに走っている光景を目にかけることができます。 タクシー会社が保有している車種をチェックしておこう どうせ働くなら自分の気に入る車で働きたいですよね。タクシー会社のホームページには保有している車両の情報が掲載されていることがありますので気になる人はチェックしてみるといいでしょう。車は仕事中ずっと使うものですから、仕事選びの材料の一つとして決して小さなものではないと思います。是非素敵な車で街中を走ってみてください。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

東京でタクシー会社に転職する際の注意事項

東京は他県と異なり、タクシーの需要が年々増加している都市であるため、転職を検討している人も少なくありません。タクシー乗務員になるためには、二種免許が必要ですが、東京ではさらに地理試験に合格する必要があります。 タクシー乗務員に採用されるためのポイント     東京などの都市圏では、タクシー乗務員の需要が大きく、求人募集も多いため、転職を検討する人も少なくありません。以前は、ドライバー募集に応募するためには、二種免許が必要でしたが、最近では普通免許を持っていれば、採用後に取得することを可とし、取得にかかる費用を支給しているタクシー会社もありますから、どういった条件の求人があるのか、タクシー乗務員に特化した転職サイトでチェックしてみるとよいでしょう。 二種免許よりも、取得が困難なのが地理試験です。これは、東京のほかに、神奈川、大阪でタクシー乗務員になるために必要な資格ですが、自分が働きたいと考えている地域の主要道路や、施設などに関する問題が40問出題され、32問正解するとクリアになるといったものです。タクシーを利用する人が目的地とする施設などが出題されると予測されますから、皇居や東京タワー、スカイツリーといった東京ならではの観光地はもちろん、日本武道館や東京ドームといったイベント会場まで幅広く抑えておく必要がありますから、少なくとも観光ガイドブック1冊分くらいの知識は必要です。 さて、二種免許、地理試験に合格すれば、転職先であるタクシー会社を探すことになりますが、ドライバー募集を確認する際、給与や一時金にばかり注目してしまいがちですが、寮や仮眠施設といった福利厚生面や交通事故に遭った場合の保険制度や違反金の立替えなど、安全かつ安心して仕事ができる環境であるか否かが、長く勤務するためには一番大切なことです。 タクシー乗務員の募集広告については、転職サイトに数多く掲載されていますが、大切なのは、必ず転職サイトのコンサルタントから、毎月の平均的な残業時間や職場風土など、サイトには掲載されていない情報を聞き出しておくことです。そして、転職してしまう前に、職場の実態がイメージできるようにしておくことが、円滑にタクシー乗務員となる秘訣です。     東京は、神奈川、大阪などと並んで、タクシーの需要が大きい都市ですが、タクシー乗務員になるには、円滑に業務が行えるよう、その地域の主要道路や施設に関する地理試験が実践されています。したがって、東京でタクシー乗務員になるには、各観光スポットを確実に押さえておく必要があります。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

タクシードライバーは幅広い人材を募集している

タクシーの運転手は経験者だけでなく未経験者についても採用をしている場合が多く、資格を持っていなくても応募できることがほとんどです。二種免許を持っていない人でも何故採用されるのかについて説明していきます。 入社後に資格を取得すれば問題ない     タクシー運転手で働くためには必ず二種免許が必要となりますが、それらは持っていなくても問題はありません。普通免許を所有していて取得から一定年数経過していることと、ペーパードライバー出ないことが条件となりますが、二種免許は入社後に会社側で取得費用をバックアップしてくれるので未経験からでも入社が可能です。待遇の良い会社では寮を完備していることも多く、住居を確保しつつ腰を据えてタクシーの仕事で働くことが可能です。タクシー運転手は未経験者で入社した場合には免許取得に向けて講習があり、決められた講習が終了したらいよいよタクシーを運転するための免許を取ることとなります。教習で取ることができるので難しい試験は一切なく、運転技術さえきちんと覚えていれば問題はありません。そして免許を取得して晴れて運転手となることができるのです。経験者ですでに二種免許を取得済みの方の場合には、その資格と経験に応じて基本給が高くなり、場合によっては前職よりも給料がアップすることがあります。寮を使うのは未経験者でも経験者でもどちらでも問題はないので、住む家を寮にしたい場合には面接の時になるべく早く伝えるようにしましょう。タクシー運転手は何歳からでもチャレンジできる仕事であり、やる気と向上心を持ち続けることで必ずや給料をアップさせることも可能です。日頃車の運転をするのが大好きという方や、接客スキルに自信があったり人と関わる職業に就きたい方にもマッチした仕事ですので、未経験からでも応募できて寮完備の仕事をしたい方はまずはタクシー運転手で検討してみるのも良いでしょう。採用基準はやる気があるかどうかと、運転手としての適性があるか否かですので、そこまで難易度は高くありません。二種免許はタクシー業界ならどこの業界でも通用する資格ともなりますから、タクシー運転手で働きたい方は気軽に求人に応募してみると良いでしょう。     タクシー運転手は事業用の車を運転するための免許が必須となりますが、それらは普通免許を持っている人なら簡単にとれる資格なので、取得については入社後にタクシー会社側が支援をしてくれます。ですから気軽にタクシー運転手として働き始めることが可能です。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

タクシー運転手として採用されるための確認事項

東京でタクシーの運転手として採用されるなら、どこの会社でも同じと思っている方もいるでしょう。ですがどこでもいいと思って就職先を決めると、採用されてから後悔する方もいます。そのような後悔を防ぐために、何をチェックして募集情報を探せばいいのか知っておくことも大切です。 求人サイトの情報を参考に就職先を選ぼう     タクシー会社のすべてが、好条件で雇ってもらえるわけではありません。中には悪い環境で働くことになるタクシー会社も存在しています。そのような条件の悪い会社で働かないようにするために、ハローワークなどで情報収集を行うときには、よく確認することが大切です。 例えばハローワークや求人サイトから東京のタクシー運転手の募集情報を探すとき、二種免許の扱いを確認することも忘れてはいけません。タクシーの運転手になるためには、二種免許を取得してからでなければダメと思っている方もいます。実は採用が決まってから、会社に金銭を支援してもらって二種免許の取得も可能です。このときハローワークの条件を見れば、二種免許取得にかかった費用は給料から天引きなどの条件が記載されています。 またハローワークをチェックするのであれば、事故が起こったときの対応や、万が一のときに備えた点を確認することも必要です。タクシーの運転をしていると、細心の注意を払っていても、避けられない事故にあってしまうかもしれません。そのようなときに会社の保証があるかないかは、自分の負担を考えるうえで重要です。ちゃんとした会社であれば、事故を起こしたときでも保証があります。 ハローワークの内容を確認することも大切ですが、稼げる仕事について考えるのであれば、募集情報以外から得られる情報も参考にしましょう。例えばタクシー会社を選ぶうえで大切なのが、顧客から高い評価を受けているかという点です。顧客からの評価が高ければ、利用者も多いため、安定して稼げる可能性が高くなります。 ほかにもタクシー会社で働いている方の平均賃金を調べるのも1つの手です。働いている方が稼いでいる平均が高ければ高いほど、自分も同じように稼ぎやすいのです。ほかにもタクシーの運転手同士の人間関係も大切な問題なので、評判や口コミも調べたうえで、どこのタクシー会社に応募するか選びましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

求人をチェックする前に!タクシー乗務員とは

不景気などの影響で転職が上手く行かない場合もあります。その中でもタクシー会社の採用でタクシー乗務員に転職を考える人は少なくありません。資格がなく未経験であっても募集が可能な会社も多く、年齢が高くても再就職しやすい魅力もあります。タクシードライバーになる為には、どのような手順が必要なのでしょうか。 タクシードライバーになる為には タクシー乗務員は他業種と比べて年齢的に幅広く、多方面から経験を問わずに積極的に受け入れている実績があります。無資格未経験でも採用のチャンスがあるこの職種ですが、タクシードライバーになる為には、「普通第二種免許」が必要になります。この資格は、タクシーやバス、ハイヤーや運転代行を行う場合の旅客運送契約遂行として自動車の運転をする場合に必要な免許です。この免許の受験資格は、21歳以上で大型免許、中型免許、普通免許、大型特殊免許のいずれかの免許を取得してから通算3年以上経過していることが必要です。また、二種免許は普通免許よりも視力検査の基準が高くなり、片目0.5以上、両目0.8以上が必須になっています。その他にも深視力の検査も必要になります。 この免許を取得する方法としては、合宿あるいは教習所にて最短7日間~10日間程度で取得ができます。適性検査、学科試験(95問中90点合格)、技能試験(80点合格)を合格して、最後に試験場にて学科試験を受講することになります。この場合の受講費用や受講中の日当に関してもタクシー会社が支給してくれる会社も多いため求人の際にはチェックが必要です。 タクシー会社の求人に対する募集者は全国の地域から募集が集まります。地元在住ではなくても、寮完備の会社もある為、入寮することで募集する事が可能です。求人に対して履歴書送付と面接を実施し、面接後は健康診断を受診してドライバーとして働ける健康状態であるかをチェックする必要があります。 健康面のチェックが修了すれば、会社が指定する教習所にて二種免許を取得し、タクシーセンターにて研修を受けます。その後、就職先の地理試験を経て企業が加盟する無線グループにて乗務員教育を受け、接客や事故防止、メーターの取扱いや配車などの講習を受けます。その後実際に共感を配置したマンツーマンの同乗研修を受け、接客やメーターの取扱い、地理や営業に関するノウハウを学びます。これら全ての研修を経てドライバーデビューになるのです。   タクシー会社への転職を考えた場合は、タクシー乗務員に必要な二種免許取得のための費用負担や、取得に必要な期間の給与保証をしてくれるなど手厚い支援体制が整ったタクシー会社を選ぶことがポイントです。寮完備の会社もある為、転職先の条件をしっかりと整理して探すことが大切です。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

タクシードライバーの転職は福利厚生をチェックしよう!

タクシー会社への転職に限ったことではありませんが、転職先を選ぶときには各種保険、福利厚生についてしっかり確認するようにしましょう。一般的な企業と同じに、健康保険・厚生年金などの社会保険や労働保険(労災保険と雇用保険)がしっかりと完備されているか、しっかりとチェックするようにしましょう。 タクシー業界ならではの福利厚生とは? 一番最初にあげたような一般的な福利厚生は当然チェックするとして、これから始めてタクシー業界への転職を考えたときにはどのようなことをチェックしておくべきなのでしょうか。まずタクシー業界の特徴を知っておく必要があります。 タクシードライバーへの転職をお考えの人は普通免許はお持ちかと思いますのでご存知かと思いますが、タクシーをはじめとする旅客自動車を旅客運送のために運転するには2種免許というのが必要になります。しかし経験者以外ではこの2種免許を取得済みの方は少ないでしょう。従って、タクシードライバーとして稼働する前に、教習所に通い、二種免許を取得する必要があります。こういった免許取得にかかる費用を福利厚生として補助金が用意されていることがあるのでチェックしてみてください。これからタクシードライバーとして稼いでいきたいのに、採用前に免許取得費用がたくさん掛かってはモチベーションも上がらないというものです。是非チェックしてくださいね。 また、タクシードライバーの給料形態にも複数ありますが、歩合制を採用しているところが多いです。ノウハウをつかんだ経験者であれば頑張った分だけ稼げる魅力ある給料形態ですが、これから初めてタクシードライバーとして働こうとしている人には不安要素に移るかもしれませんね。そこで最近では、定められた期間内では実績によらず給与を支払う、という給与保証があるタクシー会社もあります。未経験からタクシードライバーに転職する方が多いでしょうから、仕事に慣れるまでしっかり給与が保証されているのはうれしいですね。こちらも求人情報を見る際は必ずチェックしましょう。 その他にも社員寮の用意、社員旅行、提携クラブ利用時の割引など、いろいろな福利厚生があります。車両装備もドライブレコーダーの有無などは確認しておきましょう。 いかがでしょうか。タクシー会社の福利厚生を一部ご紹介してみました。もちろん、このほかにもタクシー会社によっていろいろな福利厚生が容易されている場合があるのでチェックしてみましょう。タクシードライバーへの転職にハローワークを使われることもあるみたいですが、専門の転職サイトを使われることをお勧めしますよ。 タクシー会社は未経験からの転職が多いことを重々分かったうえで募集を出しています。そして今タクシードライバーとして活躍している方たちも当然未経験からのスタートです。最近ではしっかりとした入職時の支援がありますから安心して働けますね。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

希望条件に合ったタクシー乗務員の求人を探すには

タクシー会社の求人は、年齢制限も厳しくないことから、セカンドキャリアとしても有益な職業の一つですが、会社選びは慎重にしたいものです。会社次第で、給与はもちろん、その他の処遇についても大きな差が出てくる可能性もあります。 条件の良いタクシー会社を選ぶ方法 求人を探すとなると、賃金や給料体系にばかり注目しがちですが、実は、タクシードライバーの求人募集では、こういった処遇以外にも注目すべきポイントがたくさんありますので、代表的なものについて解説していきます。 まず、タクシードライバーになるためには、二種免許が必要ですが、必ずしも就職の段階で取得している必要はありません。というのも、タクシー会社によっては二種免許の取得費用を支給してくれる会社も少なくありません。もちろん、取得しておいた方が会社を選ぶ幅が広がりますから有利ですが、取得していないからといって、諦める必要もありません。 また、最近では地方から東京都内などに転職したいと考えている人も少なくありませんが、タクシードライバーであれば、寮を完備しているタクシー会社もたくさんありますので、当面の住まいに困ることはありません。 その他にも、研修制度の内容、事故保障の有無や車両にカーナビが搭載されているかなど、実際に仕事を行なっていく上で必要な環境整備がなされているか否かは、長く勤務するためには、ある意味、給料形態よりも大切なポイントだと言えます。 こういった条件を検索していくには、東京23区を中心とした、タクシードライバー専門の求人情報サイトである「タクシーハローワーク」がとても便利です。タクシーハローワークの検索機能であれば、二種免許の取得費用、事故保障、寮の有無など、タクシー会社に勤務する上でこだわりたい条件に合致したタクシー会社を簡単に検索することができますから大変便利です。 また、タクシードライバーに転職する際に知っておきたい基礎知識や採用されるにあたっての疑問等についても無料相談が可能ですから、未経験者も安心して転職することができます。 タクシー業界は、頑張れば給与も増えていきますから、とてもやりがいのある仕事ですから、転職を希望する人も少なくありませんが、どういった業界なのか事前に把握しておかないと、採用後に公開することにもなりかねません。タクシーハローワークでは、求職者が満足して働けるよう、しっかりとサポートを行なっていますので、お気軽にご相談ください。 タクシー会社に転職するには二種免許が必要ですが、取得費用を支給してくれる会社もあります。また、寮を完備している会社もあります。東京都内を中心にタクシー求人を専門に紹介しているタクシーハローワークでは、詳細な条件検索が可能ですから簡単に希望する条件に合致したタクシー会社を探し出すことができます。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

タクシー運転手として採用を目指すなら

タクシー運転手になりたいと思っているものの、なかなか思うように求人が見つからないという方も多くいるでしょう。良い求人情報に出会えないのは、探し方が悪いのかもしれません。そこで、どのような方法ならより良い求人に出会える可能性が高いのか把握しておきましょう。 タクシー専門のハローワークを利用しよう! 求人を探すときに、ハローワークを利用する方も多くいるでしょう。ですが一般的なハローワークというのは、さまざまな業種の仕事を扱っています。そのためタクシーの運転手の求人を多く扱っているわけではありません。 そこで東京のタクシー運転手の求人を探しているのであれば、その仕事を専門的に扱っている求人サイトを活用しましょう。実は東京のタクシー専門の就職情報サイトが存在しています。それがタクシーハローワークです。この求人サイトでは、東京のタクシー運転手の求人情報しか扱っていないため、自分の状況に合わせて、適した求人が見つかる可能性が高くなります。 実際にタクシーハローワークで東京のタクシー運転手の求人を探すときには、最初のどのような条件で仕事を探したいのか整理しておきましょう。自分が仕事を探したい条件を決めておくことで、スムーズに仕事を見つけることにつながります。 例えば募集情報をチェックするうえでのポイントの1つに、二種免許の有無があげられます。タクシー運転手は、普通自動車の二種免許が必要です。二種免許を持っていない状態で就職したい場合には、免許の取得をサポートしてくれるのかという点も踏まえて、東京でタクシー運転手の募集情報を探しましょう。免許取得にかかった費用は、給料から天引きしてもらうこともできるので、免許取得のためにお金を出す余裕がない方でも、募集に応募しやすくなります。 またタクシー運転手の募集情報を探すとき、寮完備のところで働きたいと考えている方も多くいます。寮の有無をチェックするときには、寮があるかどうかだけではなく、どのような設備が整っているのか確認することも大切です。寮の中で働いた疲れをとることによって、毎日気持ちよく働くことにつながります。給料などの金銭的待遇も大切ですが、寮の設備など働きやすさに関わるポイントをチェックすることを忘れないようにしましょう。 タクシー運転手の募集情報をスムーズに見つけるために、東京のタクシー運転手専門の求人サイトを活用することも1つの手です。自分が働きたい条件を絞って求人サイトを活用することで、スムーズに自分にあった求人を見つけることにつながります。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

東京近郊のタクシー会社求人情報が満載のサイト

タクシー乗務員の求人に特化した求人募集サイトのTSJタクシーハローワークなら東京23区を中心に三鷹市、武蔵野市などの東京都下から神奈川県、埼玉県、千葉県まで各方面のタクシードライバー募集情報を提供しています。 タクシー業界専門のカウンセラーが対応 TSJタクシーハローワークでは、タクシー業界に特会した求人募集情報を提供しているのでドライバー募集を効率よく検索できます。転職成功実績NO.1の信頼度とタクシー業界専門のカウンセラーがマンツーマンでサポートすることで採用率を高めています。求人募集企業の数も120社以上と選択肢も広いので、自分の希望する募集条件を探すことが可能です。 日本初のタクシー人材紹介会社として創業10年の歴史ある企業だからこそのノウハウと実績で、利用者の採用率を高めるアドバイスを行います。タクシー乗務員を希望しているなら、TSJタクシーハローワークを活用することで希望の募集先を見つけることができます。TSJタクシーハローワークでは、タクシー業界に精通したキャリアコンサルタントがマンツーマンで希望条件やそれぞれのスキルにあったタクシー乗務員募集企業を紹介し入社までしっかりとサポートするので安心です。もちろん費用は無料だからお気軽にご相談ください。長年の経験と信頼により普段では知られていないような企業の情報などもお伝えできるのでスムーズに就職できます。企業側の希望で公開できないタクシー乗務員の求人情報もこのサービスに申し込んでいただいた方には、ご紹介できるのでお得です。 直接タクシー乗務員募集に応募するのは不安だという方でも、TSJサービスを利用すれば細かい点まで条件交渉ができるので安心です。企業紹介だけでなく、面接後の企業への質問や条件交渉などを代行するので煩わしさありません。そのうえ、入社日などの調整もすべて代行するので便利です。 これらのサービスをすべて受けることができながら、一切費用がかからないので安心して利用いただけます。 東京で働きたいけれど地方から出て行っても大丈夫か心配の方やどの企業が自分にあっているかわからないなどと悩んでいる方は、TSJサービスにご相談ください。適切な就職先をリサーチしご提案いたします。 タクシー乗務員を希望している方は、タクシー業界に精通した専門求人サイトで募集企業を探すのが効率的です。TSJタクシーハローワークなら、それぞれの希望条件にあった最適の企業を見つけ出すことができるので便利です。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。